初期研修INITIAL

研修紹介INTRODUCTION

研修理念

当病院の研修は、全ての臨床医に求められる基本的診療に必要な知識、技能、態度を身に付け、病める人の全体像を捉えることの出来る全人的医療の習得を目標としています。このプログラムを履修することにより、厚生労働省の定める臨床研修目標を達成します。

目標

  1. 1. 医師としての社会的責任を自覚し、自己を向上させようとする態度を身につける。
  2. 2. 健康にかかわる諸因子を包括的に捉える知識、技能、態度を身につける。
  3. 3. あるべき医師―患者関係に立脚して、日々の診療を行う為に必要な基本的知識、技能、態度を身につける。
  4. 4. 救急医療、慢性疾患管理、老人医療、在宅診療、リハビリ医療、検診など総合的な実践能力を身につける。
  5. 5. チーム医療を理解し医療関連各職種を統括し実践できる。
  6. 6. 頻度の高い疾患の診断、治療ができる。
  7. 7. 臨床症例を学術研究上からも大切に扱い、まとめ、検討ができる。

初期研修修了時のあなた

初期診療の基本技術を習得し、患者さんを第一に考え、責任感を持って“ひたむき”に頑張れる医師となる。

研修委員長からのメッセージ

研修医委員長
健和会大手町病院 外科系診療部 外科部長
三宅 亮(みやけ たすく)

出身大学
九州大学 2005年 卒業
資格
日本外科学会専門医、日本腹部救急医学会評議員
メッセージ

初期研修期間での目標は皆さんそれぞれだと思います。厚生省が定める研修目標は多岐にわたりますが、当院では今後どの科を先行しても必要となる『責任感』『グローバルな姿勢』『リーダーシップ』を早くから獲得することにも重点をおいています。また、そのための症例数・指導医・初期研修医が活躍できるフィールドをしっかり提供します。自らの手でより良い初期研修や医師像を考え、全国・全世界に通用する医師をともに目指していきましょう。

研修スケジュール

1年目
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
導入研修 必修科目
内科(導入研修1ヶ月を含む8ヶ月)
必修科目
救急部門(4ヶ月)
救急医療(日直・当直・待機)
2年目
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
必修科目
地域医療
(1ヶ月)
選択必修
外科(4ヶ月)
※整形1ヶ月・
形成1ヶ月を含む
選択必修
産婦人科
(1ヶ月)
必修科目
救急部門
(2ヶ月)
※ERのみ
選択科目(4ヶ月)
内科、外科(整形外科、形成外科、
脳神経外科、皮膚科、耳鼻科、眼科)、
小児科、救急科、産婦人科、精神科、麻酔科、
地域医療、病理科、放射線科、血液内科
救急医療(日直・当直・待機)

※図に示された診療科の研修順序は各研修医により異なる。

研修協力施設(2011年度以降実績)

北九州市立医療センター:小児科、放射線科
北九州市立八幡病院:小児科
八幡厚生病院:精神科
行橋記念病院:精神科
産業医科大学病院:呼吸器外科
小倉記念病院:血液内科
千鳥橋病院:循環器内科

採用状況

卒業年 マッチング 入職者数
マッチ数 マッチング定数
2010年 7 7 5
2011年 7 7 7
2012年 7 7 7
2013年 7 7 7
2014年 6 7 5
2015年 7 7 4
2016年 7 7 7
2017年 6 7 6
2018年   6  

初期研修 実習申込

初期研修 実習申込