専門研修EXPERT

連携プログラム
外科専門医SURGICAL SPECIALIST

外科は北九州市立医療センターもしくは小倉記念病院が基幹施設の連携プログラムです。

指導医・研修医からのメッセージ

熱い志を持った人材と
一緒に仕事がしたい

指導責任者松山 晋平

大手町病院の外科スタッフは外傷医療や救急医療など院内で関わっている分野が多岐に渡ります。個人的な考えですが、癌の治療などに特化するのではなく、基本的には地域に求められている医療に対して外科が関わるものは全て担うという意気込みが大切です。救急、外傷、災害医療など関係する分野は全てやるという熱い志を持った人材を育成しないといけないと考えています。ただ、今後を担う優秀な外科医を育てていくには、サブスペシャリティの道も必要なので、当院では消化器外科専門医の修練の場を他施設にもお願いして交流を図っています。

今後の外科治療はかなり細分化されたものになってくると考えています。私の世代とは仕組みが若干異なりますが、研修で回ってきた時に当院の外科のスタッフを見てもらい魅力を感じてもらえれば幸いです。専門性という意味では太刀打ちできない分野もありますが、こういう地域医療の貢献の仕方もあるのかといった新鮮な経験ができるでしょう。

私達はこういう人が欲しいというのはありません。若い力でこの病院の外科を変えていきたいという意気込みを持った人に是非来てもらいたいです。

自分達を越えるような
外科医を教育

指導医三宅 亮

外科医としての『基本的な技術・知識』に加え、『患者様に対する適切な接し方とインフォームドコンセント』に対しても早期に責任をもって徹底的に学んでいく事を基本方針としています。 加えて、『リーダーシップ』や『教育』の基礎の確立、学術的な部門では年複数回の『全国学会への発表』を義務付け、今後の進路がどの領域・医療チームでも医師・外科医として恥ずかしくなく通用する意思を育成したいと考えています。

また当院の特徴の一つとして、Acute care surgery領域(Acute general surgery+Trauma surgery + Surgical critical care)の3領域の修練も行います。初診・診断~手術~周術期集中治療まで連続性かつ継続性をもった修練を必須と位置付けています。同時に待機的手術(Elective surgery)で良性~悪性疾患を開腹・腹腔鏡の両方で修練を積みます。外科医としてAcute careとElective両方の修練を行うことでそれぞれの質の担保を行うシステムを採用しています。

最後に、指導医達の立場から修練医に希望することは数多くありますが、一つ上げるとすれば『自分たちを超えるように育つこと』があります。5年程度経過すれば、医学というのは古くなりますので、自分達指導医に追いつかせるような指導は時代にマッチしない事を自覚しています。社会のため、地域のため、チームのために次々と自分達を越えるような外科医を教育していこうと考えます。

専門研修 お問い合わせ

専門研修 お問い合わせ