専門研修EXPERT

連携プログラム
病理科専門医DEPARTMENT of PATHOLOGY SPECIALIST

病理科は産業医科大学が基幹施設の連携プログラムです。

指導医・研修医からのメッセージ

病理の次世代を担う
専門医になってほしい

連携施設指導責任者松木 康真

当院病理科の特徴

当院は急性期を中心に受け入れており、多彩な病理検体が提出され、感染症など思いがけない所見を多数経験します。不幸にして亡くなられた患者さんの解剖も多く、通常の病理の教科書的な事以外の経験をすることも少なくありません。

責任をもってやれる面白さ

小規模な病院だからこそ責任を持ってやってもらいます。診断をつけて治療に結びつけていき、臨床の先生と上手くコミュニケーションを取りながら仕事をします。大病院では臓器毎に分かれて、それぞれでスペシャリストになりますが、ここではそういうことは言っていられません。分からない分野でも文献などで調べながら迫っていくことがここの病理科の面白さといえるでしょう。

メッセージ

大手町病院だけで病理の研修をマスターすることは規模的にも症例数的にも難しいです。癌や小児科疾患などは基幹施設である産業医科大学病院をはじめとした専門性の高い施設で研修する必要があります。そういう疾患以外の救急疾患や感染症、その他色々な癌や感染症を合わせた解剖例などはここでマスターして、一通り独り立ちできる病理の技術とマネジメント力を付けてもらい、病理の次の世代を担う専門医になってほしいと思っています。

大手町病院はテリトリーがカッチリ決まっていないのでどんなことでもチャレンジできます。病理の枠に囚われず、意欲があれば臨床にも参加することができます。自分で内視鏡をして、その組織を自分で診断したり、乳癌健診に入って細胞診の組織をみたり、更には病理の検体を集めるだけでなくて治療に加味する、そういうやる気のある人は大手町病院に合うでしょう。基礎とか臨床とか別け隔てなく臨床病理を行いたいという人を求めています。

専門研修 お問い合わせ

専門研修 お問い合わせ