専門研修EXPERT

基幹プログラム
麻酔科専門医ANESTHESIOLOGY SPECIALIST

指導医・研修医からのメッセージ

外科が医学であるために
絶対必要分野

プログラム統括責任者安永 秀一

麻酔というのは、外科が医学であるために絶対必要分野だと思っています。いくら病気を直すためであっても、体にメスを加えることは侵襲行為に間違いありません。それが科学として成り立つためには、安全に苦痛なく受けられるということを保証する必要があります。

それが麻酔科医の役目だと思います。麻酔のないところで外科手術をすることはあり得ないというのが僕の信条です。

麻酔科は色々な手術に参加できます。例えば心臓、肺、消化器など、全般的に携わることができるので、それだけでも非常に魅力のある科だと言えます。偏りがなく広い視野をもった医者になれるのが麻酔科の魅力であり利点だと思います。この病院で研修する人には色んな知識を貪欲に身に着けていって欲しいです。

社会に貢献する
麻酔科医に

指導医下里 アキヒカリ

自由度の高い研修

当院の麻酔科研修プログラムは、書面で見るより自由度が高いと思います。当然ながら麻酔科学会が求める最低限のラインは越えていきますが、どういう風に専門研修を組むかというのは、専門医になってからも長い医師人生でそこからどういうジャンルに進んでいくのかに合せてアレンジしていくことが大事です。本人の希望に沿った自由度の高い研修ができるというのが1番の特徴ではないかと思っています。

当院自体の特徴としては救急医療や集中治療に麻酔科医が積極的に関わっていることが挙げられると思います。また整形外科に関しては体幹や末梢神経ブロックを含めて積極的に行っていますのでかなり力がつきます。一方で、小児麻酔や、肺の麻酔がそんなに沢山ないというデメリットはあるので、そういった点は連携施設と協力して補っていくことになります。

社会に貢献する麻酔科医に

大手町病院にこだわらず、麻酔科医として社会に貢献してもらえればそれでいいかなと思っています。大手町病院出身の麻酔科医だったらどこに出しても恥ずかしくない麻酔科医になっているはずです。このプログラムで提供できるものもありますが、「こういうことがしたいのですが実現できますか?」と言ってもらえれば、「こういうふうにやっていこうよ。」と答えていける自由度があると思いますので、是非ドンと大きく要望を出してほしいですね。

麻酔×ICU×ERのハイブリッド研修で
急性期医療の
プロフェッショナルを目指す

後期研修医(専攻医)玉﨑 庸介

麻酔×ICU×ERのハイブリッド研修で急性期医療のプロフェッショナルを目指す 当院の研修で特徴的なことは、麻酔に軸を置きながらICUとERの研修もできることです。麻酔科医として手術麻酔の修練を行いながら、ICUでの全身管理とERでの患者対応も学ぶことが可能です。

まず麻酔に関しては、患者の評価をし、麻酔の計画を立て、実際に麻酔を行い、術後の評価も自分で行う。これらは麻酔科医として当たり前のことではありますが、指導医のバックアップのもと自ら主体的に行うことで、とても多くのことを学び経験することができます。大学病院とは違い、当院の手術症例には若干の偏りがありますが、当科のプログラムは大学病院や他院とも提携しているので、最終的には偏りなく経験することができます。ICUに関しては、重症患者の全身管理を行うことはもちろんですが、積極的にNSTの回診に参加したり、主体となってER & ICU領域の抄読会も行っています。

さらに、当院は年間の救急車搬入台数が約6600台、ER受診患者数が約22000人と地域の救急医療の中核を担っています。麻酔専門修練中もERの診療に深く関わり、重症外傷の診療を行ったり、ドクターカーで現場に出動するということも経験できます。 麻酔・ICU・ERを横断的に経験することで、急性期医療のプロフェッショナルとしての修練を積むことが可能です。

最後に、職場として楽しくないと修練は続かないと思います。多くの上級医から直接指導を受け、また逆に後輩を教育する場面がたくさんあります。とても楽しい職場だと思っています。一緒に頑張りましょう。

特徴

専門研修基幹施設である健和会大手町病院、専門研修連携施設Aである千鳥橋病院、鹿児島生協病院、東葛病院、専門研修連携施設Bである産業医科大学病院、小倉記念病院、福岡記念病院、昭和大学病院、昭和大学江東豊洲病院で整備指針に定められた麻酔科研修カリキュラムの到達目標を達成できる教育を提供し、十分な知識と技術、および態度を備えた麻酔科専門医を育成します。
当院の麻酔科は特に外傷領域を中心とした周術期医療の中心的存在であり、初療から集中治療室管理まで一貫して携われることが本専門研修プログラムにおける同施設の特徴です。一方で地域の中小規模病院に多く見られる整形外科手術、一般外術なども多く経験することが可能であり、広く通用する麻酔の技術・知識・態度を得ることが可能です。また専門研修連携施設である産業医科大学においては全国有数の胸部外科手術数を誇り、短期間で集中的に胸部外科麻酔の経験を積むことが可能です。同様に心臓血管手術において小倉記念病院や福岡記念病院、昭和大学江東豊洲病院、ペインクリニックや先端医療に関して昭和大学病院と連携するなど、それぞれに強みを活かした研修を提供することで質の高い研修を提供しています。研修後半では地域の中小規模病院である千鳥橋病院、鹿児島生協病院、東葛病院との連携により地域のニーズに応えられる麻酔科医として成長する事を獲得目標としています。

募集定員

2名

研修期間

4年

研修指導医数

7.7名(プログラム全体)

連携施設

  • 千鳥橋病院
  • 鹿児島生協病院
  • 東葛病院
  • 産業医科大学病院
  • 小倉記念病院
  • 福岡記念病院
  • 昭和大学病院
  • 昭和大学江東豊洲病院

ローテーション

1〜2年目 3年目 4年目
健和会大手町病院
産業医科大学病院(週一回)
小倉記念病院
福岡記念病院
昭和大学病院
昭和大学江東豊洲病院
千鳥橋病院
東葛病院
鹿児島生協病院
  • ・研修4年間のうち少なくとも2年間は基幹施設(健和会大手町病院)で研修を行います。
     健和会大手町病院では手術麻酔研修に加え、本人の希望により集中治療、救急医療研修を行うことができます。
  • ・1年目後半〜2年目前半にかけては連携施設(産業医科大学)で胸部外科手術を中心に研修を行います。(約半年間)
  • ・3年目に連携施設(小倉記念病院、福岡記念病院、昭和大学病院、昭和大学江東豊洲病院)で心臓血管手術麻酔を先端医療、ペインクリニック中心に研修を行います。(約半年間)
  • ・4年目前半は地域に求められる麻酔医療のニーズを知り、それに応えるため連携施設
     (東葛病院、千鳥橋病院、鹿児島生協病院)において研修を行います。

診療実績

2016年度 施設群全体の実績
合計症例数
麻酔科管理全症例数 4,876
小児(6歳未満)の麻酔     52
帝王切開術の麻酔 98
心臓血管手術の麻酔
(胸部大動脈手術を含む)
41
胸部外科手術の麻酔 105
脳神経外科手術の麻酔 122

募集要項

定員
1年次につき2名
研修期間
2018年4月~
受験資格
卒後医師臨床研修を修了した者、または見込み者
必要書類
医師免許証の写し、臨床研修修了登録証あるいは修了見込証明書の写し、6ヶ月以内の健康診断書
採用試験
2017年11月16日~11月30日
選考方法
個別面接による総合評価
連絡先
〒803-8543 福岡県北九州市小倉北区大手町15-1 臨床研修課
Tel:093-592-3325 Mail:kensyu@kenwakai.gr.jp
処遇
身分 健和会大手町病院常勤医師
給与 医師免許取得後

3年目 
基本給 345,000円 
時間外手当 67,000円 
固定月額合計 412,000円

4年目 
基本給 355,000円 
時間外手当 68,000円 
固定月額合計 423,000円

5年目 
基本給 365,000円 
時間外手当 70,000円 
固定月額合計 435,000円
休日 第1第3土曜日午後、第2第4土曜日、日祝祭日
休暇 年次有給休暇、夏季休暇、年末年始休暇
住宅 研修医専用宿舎(月定額8,000円)、別手配の場合(住宅手当月額約50,000円支給)
保険 健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険、医師賠償責任保険

専門研修 お問い合わせ

専門研修 お問い合わせ