平成27年度 健和会大手町 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 124人 184人 455人 472人 443人 621人 1205人 1309人 1707人 672人
 平成27年度中に退院した患者さんの総数を、入院時の年齢により10歳ごとの区分で集計しました。80歳代が一番多く、次に70歳代、60歳代と続いています。
 当院は地域医療支援病院として、さまざまな医療機関からの紹介と救急車搬入数は年間6,577台と北九州市内トップの受け入れ実績であることから、幅広い年齢層の患者さんの治療をおこなっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081XX99X00X 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 293人 25.43日 21.69日 22.53% 84.23歳
040080X099X0XX 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 201人 18.66日 14.34日 8.46% 72.17歳
180010X0XXX0XX 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2 なし 123人 24.35日 18.99日 17.07% 79.48歳
 肺炎は、がん・心疾患に続いて死因順位が3位になっているように、当院でも肺炎による入院は多く、特に高齢者に多い食べ物の誤嚥による肺炎「誤嚥性肺炎」が1位となり、平均年齢も上昇しています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060150XX03XX0X 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 定義副傷病 なし 42人 6.19日 5.56日 0.00% 33.62歳
060210XX99000X ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 32人 8.50日 9.17日 3.13% 67.19歳
060340XX03X00X 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 26人 16.81日 10.93日 7.69% 72.73歳
 虫垂炎で手術が必要になった症例が最も多く、次に腸閉塞(イレウス)となっています。殆どの患者さんは緊急入院となっていますが、入院日数は全国平均と同水準となっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800XX01XXXX 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 144人 26.57日 28.70日 85.42% 81.99歳
160690XX99XX0X 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 103人 19.98日 21.52日 70.87% 80.06歳
160760XX97XX0X 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 65人 12.78日 5.70日 3.08% 58.40歳
 高齢者に多い転倒や高齢化による骨粗鬆症の影響で、股関節・大腿部の骨折、胸椎・腰椎の圧迫骨折の患者さんが増加しています。急性期治療を経て、早期にリハビリテーションを専門に行う医療機関へ転院を進めているため、入院期間は全国平均より短くなっています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080011XX99XXXX 急性膿皮症 手術なし 28人 16.36日 11.97日 10.71% 71.29歳
160200XX0200XX 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 13人 6.62日 5.86日 0.00% 31.23歳
100100XX97X0XX 糖尿病足病変 手術あり 手術・処置等2 なし 10人 28.10日 27.84日 70.00% 69.60歳
 細菌の感染が原因で発症する急性膿皮症が最も多い症例です。次いで外傷(怪我)によって受けた顔面損傷や鼻骨骨折に対する症例となっています。 3番目に多いのは糖尿病足病変(糖尿病を患っている人が、足に腫瘍や壊疽などを発症する症状)に対する手術のための症例となっています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060X099030X 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし 91人 20.14日 18.08日 60.44% 72.81歳
010060X099000X 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 32人 22.63日 15.80日 40.63% 73.63歳
160100XX99X00X 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 26人 6.23日 7.52日 15.38% 55.65歳
 最も多い症例は脳梗塞であり症例の1位、2位の入院となっています。急性期脳梗塞の薬物療法として、血栓を溶かす血栓溶解療法(t-PA)を使用した治療もおこなっています。日常生活動作の向上や社会復帰を図るため、十分なリスク管理のもとに、できるだけ発症早期から積極的なリハビリテーションを開始しています。また救急病院で外傷患者を多く受け入れることから「頭蓋・頭蓋内損傷」が3位となっています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010X199X00X 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 94人 5.61日 6.17日 5.32% 0.00歳
120260XX02XXXX 分娩の異常 骨盤位娩出術等 45人 6.29日 6.51日 2.22% 28.53歳
120140XXXXXXXX 流産 36人 1.19日 2.34日 0.00% 31.78歳
 出生後、間もなく入院となるケースが多く、最も多い症例は「妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上)」です。次いで「分娩に伴う治療、治療が必要な症例となっています。入院期間はいずれも全国平均より短くなっています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030240XX01XXXX 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 扁桃周囲膿瘍切開術等 - - - - -
030150XX97XXXX 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり - - - - -
030230XXXXXXXX 扁桃、アデノイドの慢性疾患 - - - - -
 10症例以下は患者さんが特定され得るため表示していませんが、扁桃周囲膿瘍・急性扁桃炎などの症例となっています。いずれも入院期間は全国平均より短くなっています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080110XXXXX0XX 水疱症 手術・処置等2 なし - - - - -
080020XXXXXXXX 帯状疱疹 - - - - -
080011XX99XXXX 急性膿皮症 手術なし - - - - -
 10症例以下は患者さんが特定され得るため表示していませんが、水疱症・帯状疱疹などの症例となっています。高齢者の治療のため、入院期間は全国平均よりやや長くなっています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070XX0200XX 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 11人 24.36日 7.59日 0.00% 78.36歳
110280XX97X01X 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり - - - - -
110310XX99XXXX 腎臓または尿路の感染症 手術なし - - - - -
 最も多いのは「膀胱腫瘍」です。膀胱腫瘍、膀胱がん、尿道腫瘍、尿道がん等がこの中に含まれます。
次いで多いのは「慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全」で主な病名は腎不全、腎炎です。3番目に多いのは「腎臓または尿路の感染症」で主な病名は尿路感染症です。
 泌尿器科は、人工透析も担当し、シャント(血液透析を行う際、充分な血液量が確保できるように、動脈と静脈を体内または体外で直接つなぎ合わせた血管の事)を作る手術もおこないます。
麻酔科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180010X0XXX2XX 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2 2あり 14人 38.57日 36.88日 14.29% 72.21歳
040080X097X1XX 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術あり 手術・処置等2 あり - - - - -
180010X0XXX0XX 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2 なし - - - - -
 最も多いのは内科にも表示されている「敗血症」です。ここでは、この敗血症の中でも中心静脈や人工腎臓(=透析)、また人工呼吸器を必要とする重症な症例を表しています。次いで多いのは「肺炎」です。こちらも内科と同様の肺炎ではありますが、人工呼吸器を必要とする重症な症例を表しています。
 主に、重症の敗血症、重症の肺炎、さらに手術後などの集中治療室(ICU)で全身管理を必要とするような患者さんが主になります。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070XXXXX00X 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 43人 3.60日 3.58日 2.33% 44.07歳
170020XXXXXX0X 精神作用物質使用による精神および行動の障害 定義副傷病 なし 18人 1.83日 2.54日 0.00% 46.11歳
160100XX99X00X 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 16人 7.50日 7.52日 0.00% 49.63歳
 最も多い症例は「薬物中毒」です。薬の大量服薬や、洗剤等の誤飲による急性薬物中毒がこの中に含まれます。次いで「精神および行動の障害」です。主にはアルコール中毒(急性と慢性)がこの中に含まれます。3番目の「頭蓋・頭蓋内損傷」は、頭部や顔面の挫傷・打撲がこの中に含まれます。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 13人 - - 11人 - - 1 7
大腸癌 14人 - 15人 - - 38人 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - 12人 1 7
肝癌 - - - - - 29人 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
 5大がんと呼ばれる胃がん・大腸がん・乳がん・肺がん・肝がんの患者さんについて、初めてがんと診断されて入院治療をおこなった場合を「初発」として病期分類ごとに集計し、初回治療が完了した後に治療が必要となった場合は「再発」として集計しています。
 10症例以下は患者さんが特定され得るため表示していませんが、それぞれのがんの診断や治療をおこなっています。
 UICC病期分類とは、がんがどのくらい進行しているかを表しており、StageⅣが最も進行していることになります。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 24人 8.96日 51.79歳
重症度 1 45人 14.49日 67.98歳
重症度 2 32人 26.69日 80.22歳
重症度 3 41人 26.93日 82.66歳
重症度 4 26人 36.00日 83.88歳
重症度 5 - - -
不明 - - -
 20歳以上の細菌性肺炎による入院患者さんの入院数を重症度別に集計しました。この重症度の判定は、日本呼吸器学会による「成人市中肺炎診療ガイドライン」の重症度分類を用いています。そのためこの集計には入院後に発症した肺炎(院内肺炎)、他院から転院となった患者さんの数は含まれていません。またインフルエンザなどによるウィルス性の肺炎、食べ物の誤嚥による肺炎(誤嚥性肺炎)は含まれていません。重症度0(軽症)の平均年齢が50歳代であるのに対し、重症度が高くなるに伴い、平均年齢は上昇し、平均在院日数は長くなっています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 24人 13.17日 72.88歳 6.90%
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 203人 27.99日 75.35歳 56.28%
その他 28人 23.61日 73.43歳 6.49%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 26人 22.96日 76.35歳 36.36%
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 14人 53.79日 77.07歳 50.00%
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
 ICD-10とは死因や疾病の国際的な統計基準として世界保健機関(WHO)によって発表されている疾病分類の第10版の事です。さまざまな疾病を病態や部位別に一定のルールに従って分類し、アルファベットと数字で表現しています。ここではICD-10の基準に従い脳梗塞、またはそれに近い状態とされる病態で入院となった患者さんの人数を、その分類別に集計しています。
病態の種類ごとに発症から入院までの期間、平均在院日数、平均年齢、転院率(当院を退院後、そのまま継続して他の病院へ入院となった割合)を示しています。
 脳梗塞3日以内の患者さんの数が多くなっていることからわかるとおり、当院では急性期脳卒中治療を重視し、発症後4.5時間以内に投与が有効とされるアルテプラーゼ静注治療等の治療もおこなっています。20~30日程度の急性期治療を経て、概ね半数の患者さんは、リハビリテーションを専門に扱う医療機関(回復期リハビリテーション病棟)へ転院しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 78人 3.87日 8.92日 8.97% 67.96歳
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 50人 3546日 33.66日 52.00% 79.60歳
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 26人 11.46日 11.12日 3.85% 69.46歳
 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術、胃瘻造設術をはじめ、内視鏡的な手術が上位となっています。
 冠動脈狭窄性病変に対してカテーテルを用いて拡張を行う経皮的冠動脈ステント留置術や経皮的冠動脈形成術(ともにPCI)の症例数も上位です。予定PCIのみならず急性心筋梗塞等に対しておこなう緊急PCIにも対応しています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 39人 9.87日 11.10日 5.13% 60.56歳
K654 内視鏡的消化管止血術 29人 2.59日 24.14日 31.03% 70.41歳
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 27人 4.37日 5.59日 7.41% 74.26歳
 当科は一般外科、及び救急外科を主な対象としております。
 年間の手術総数は約400例で、中でも、内視鏡をお腹や胸の中に入れたモニターを見ながら手術を行う鏡視下手術を積極的に導入しており、また、1つの小さな傷のみで手術を行う最新の単孔式腹腔鏡下手術も着実に症例数が増えつつあります。体への侵襲が小さく、入院日数の短縮にも繋がるというメリットがあります。当院は、最新、最良の医療を地域の皆様に提供できるよう取り組んでいます。
 救急病院であること、外傷患者さんを多く受け入れていることから、外傷に伴う手術も多く外科の緊急手術は24時間365日体制で対応できるようにしています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 132人 4.12日 24.33日 74.24% 77.64歳
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕、下腿) 75人 1.01日 7.13日 4.00% 53.27歳
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨) 67人 5.34日 26.43日 22.39% 62.30歳
 当院で最も症例数の多い診療科です。四肢・体幹の骨折・外傷を中心に、関節疾患・背椎疾患・手外科領域の手術も含め、年間約800件の手術を行っております。最も多い症例は、骨折部を固定材料である鋼線、ワイヤー、プレート、釘、ピン等を用い、よい位置で安定して保持することを目的とした「骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿)」です。この手術後には固定材料を抜去する「骨内異物(挿入物を含む)除去術」を行うこととなり、その手術の算定も上位となっています。固定から抜去まで一連の治療と管理を行うことが出来ます。また、手外科・脊椎外科では積極的に顕微鏡下手術を行っています。
 回復期リハビリテーション病棟の対象患者さんは、リハビリテーションを専門に扱う医療機関(回復期リハビリテーション病棟)へ転院しています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0842 四肢切断術(大腿) 12人 7.75日 30.92日 58.33% 73.42歳
K0843 四肢切断術(指) 11人 4.00日 33.00日 54.55% 70.73歳
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - - - - -
 形成外科は体表面に生じる先天的・後天的な疾患や問題に対して、主として外科的アプローチで治療・管理を行う診療科であるといえます。当院では救急医療が主体となっているという病院の性格もあり、体表外傷の患者さんが最も多くなっています。当院では救急外来で初療を行った体表外傷の外来患者さんは、原則として当科でフォローを行い、受傷後早期から術後の問題(醜状・拘縮・変形等)まで一貫して対応しています。
 重度糖尿病や動脈硬化を伴う足病変にて他医療機関より紹介を受けて治療に当たる患者さんも多く、四肢切断術の症例が多くなっています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 25人 1.84日 15.76日 52.00% 75.64歳
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 14人 0.86日 41.14日 78.57% 56.93歳
K164-5 内視鏡下脳内血腫除去術 12人 0.17日 62.17日 100.00% 66.92歳
 当院は年間6577件の救急車を受け入れる救急病院であり、脳神経外科はその中で脳卒中や頭部外傷の症例を中心に、急性期治療を行っております。山口大学脳外科教室の協力を得て、急性期脳梗塞患者さんに対する血行再建術、脳内出血や頭部外傷患者さんに対する頭蓋内血腫除去術など一刻を争う症例に対しても、24時間365日体制で対応できるようにしています。
 最も多い手術は「慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術」です。これは、外傷後に硬膜とくも膜の間にできた血腫によって脳が圧迫されることに対して、穿頭して抽出し、更に洗浄しドレナージを行うものです。
 次いで多い症例は、くも膜下出血に対しておこなう「脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所)」です。表示はありませんが、同様の手術である「脳動脈瘤頸部クリッピング(2箇所)」も行っています。これに伴いまして、手術後に頭蓋内に脳脊髄液が過量にたまる水頭症に対する「水頭症手術」も多く行われます。
表示している手術の他、頭蓋内血腫除去術(開頭)・減圧開頭術・頭蓋骨形成術・頭蓋内腫瘍摘出術等の症例もあります。また、急性期に限定せず、パーキンソン病に対する脳刺激装置交換術の症例等もあります。
 回復期リハビリテーション病棟の対象患者さんは、リハビリテーションを専門に扱う医療機関(回復期リハビリテーション病棟)へ転院しています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9091 流産手術(妊娠11週まで) 89人 0.02日 0.02日 0.00% 28.00歳
K893 吸引娩出術 44人 0.82日 4.95日 0.00% 28.68歳
K9092 流産手術(妊娠11週超21週まで) 27人 1.26日 1.19日 0.00% 24.85歳
 平成27年度の分娩件数は182件でした。地域の医療機関からの紹介による分娩や手術症例も多いことが特徴です。
 表示している手術の他、帝王切開術(選択帝王切開術)22件、帝王切開術(緊急帝王切開術)14件と多いです。
 また、主に良性疾患の開腹手術・経膣的手術を行い、救急科と連携し緊急手術などにもすばやく対応しています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 - - - - -
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) - - - - -
K3932 喉頭腫瘍摘出術(直達鏡) - - - - -
 最も症例数の多かったのは、「扁桃周囲膿瘍切開術」「口蓋扁桃手術(摘出)」が同じ件数で1位です。扁桃及びアデノイド手術、鼻副鼻腔内視鏡下手術、中耳手術、喉頭微細手術等は、定例で行っています。又、頚部については、耳下腺、顎下腺、甲状腺、頚嚢胞等は、形成外科及び外科スタッフとともに行っております。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 22人 2.18日 38.59日 27.27% 79.05歳
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 21人 6.05日 28.10日 28.57% 76.10歳
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 11人 5.82日 8.64日 9.09% 50.55歳
 泌尿器科専門医にて外来、手術、透析治療などを行っています。最も多い手術は、尿管狭窄に対してステントを留置する「経尿道的尿管ステント留置術」です。次いで「膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他)」です。
 結石治療としては体外衝撃波結石破砕治療を行っています。「体外衝撃波腎・尿管結石破砕術」は入院のみならず、外来でもおこなっています。症例によっては腎盂鏡や尿管鏡を用いた内視鏡手術や開腹による結石摘出術も行っています。また結石による腎盂炎を併発している症例は敗血症に至ることがあるため、できるだけ早期にドレナージを行っています。腎外傷に対しては救急科とも連携の上で選択的腎動脈塞栓術を行っています。
麻酔科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K386 気管切開術 14人 11.50日 66.36日 57.14% 76.21歳
K6001 大動脈バルーンパンピング法(IABP法)(初日) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
 当院では、外科系集中治療部門を立ち上げ、麻酔科医を集中治療室(ICU)に配置しています。主に術後患者さんや外傷等の外科系重症患者さんの全身管理を行っています。最も多い症例は、集中治療室で行われる気管切開術となっています。他に、大動脈バルーンパンピング法(IABP)、経皮的心肺補助法(PCPS)、体外ペースメーキング術、経皮的大動脈遮断術(IABO)等、救急救命のための手術も行っています。
救急科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K386 気管切開術 - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K596 体外ペースメーキング術 - - - - -
 救急外来での初療、集中治療室(ICU)での重症患者さんの管理を行っております。重症呼吸不全、敗血症性ショック、多臓器障害、中毒、心肺停止、多発外傷などの重症病態や担当科が多岐に渡る場合に救急科が初期治療を担当するとともに、院内各科との連携を密にしつつ初期治療に引き続く集中治療も行っています。麻酔科と同様、最も多い症例は集中治療室で行われる気管切開術です。また、入院が長期間に及ぶ患者さんに対しておこなわれた胃瘻造設術が症例数として上位となっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 43 0.60%
異なる 246 3.42%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 21 0.29%
異なる - -
 播種性血管内凝固症候群(DIC)や敗血症など重篤な合併症や、手術・術後の合併症の発生率を示しています。入院契機の「同一」と「異なる」の区分については、最初からこれらの傷病の治療目的での入院であった場合は「同一」になり、その入院が本来は別の傷病に対するものであったにも関わらず、この合併症に対する治療が最も行われた場合が「異なる」となります。急性期治療をおこなっている医療機関にとっては、一定程度の合併症の発生は防げないもの考えています。
更新履歴
2016/9/30
病院指標掲載