公益財団法人健和会 健和会大手町病院

ホーム大手町病院について医療関係の方へご意見・ご感想はこちら
  • 『医療の質の評価・公表等推進事業』
  • 病院情報の公開
  • 初期&専門研修医募集
  • 医師募集
  • 全日本民医連医師臨床研修センター
  • 薬剤師募集
  • 健和会看護部
  • 大手町病院までのアクセス方法
  • 大手町病院ふれあい通信健やかネット
  • 人間ドック・脳ドック予約はコチラ
  • ISO9001・ISO14001認定取得
  • 日本医療機能評価機構認定病院
  • 地域医療支援病院

医療費制度について

病気・怪我などで病院にかかったとき

病気・ケガなどで病院にかかる時、持っている保険証を病院に提出すれば、かかった医療費の一部を病院の窓口で支払うことで治療を受けることができます。
病院で支払う料金は患者さんがもっている保険の種類で異なります。
健康保険の場合
入院 外来
被保険者(本人) 3割 3割
被保険者(家族) 3割 3割

国民健康保険の場合
入院 外来
被保険者 3割 3割
退職被保険者 3割 3割
退職被扶養者 3割 3割

70歳以上の場合
所得に応じて、1割〜3割となります。

入院した時の食事代

入院したときの食事代は、医療費とは別に1食260円の自己負担となります。
また、次にあてはまる人は、この自己負担が減額されます。

市民税非課税世帯等 90日までの入院
(過去12ヶ月の入院日数)
一食210円
90日を超える入院
(過去12ヶ月の入院日数)
一食160円
市民税非課税世帯等で老齢福祉年金の受給者 1食100円
減額を受けるには「標準負担額減額認定証」が必要です

■申請に必要なもの ⇒ 保険証・印鑑
■申請する窓口
・国民健康保険・後期高齢者医療の方 → 住所地の区役所の国保年金課
・健康保険の方 → 事業所を管轄する社会保険事務所または所属の健康保険組合

高額な医療費を支払った場合は

病気やけがで病院にかかり、高額な一部負担金(自己負担額)を支払った場合、一定額(限度額)を超えた部分について、申請により払い戻しが受けられる制度があります。

70歳未満の方(自己負担限度額)
世帯の区分 自己負担限度額
一般世帯 80,100円
(医療費が267,000円を超えた場合は、
   その超えた分の1%を加算)
上位所得者世帯 150,000円
(医療費が500,000円を超えた場合は、
   その超えた分の1%を加算)
市民税非課税世帯 35,400円

世帯合計
同一保険、同一世帯内で1ヶ月に21,000円以上の医療費を複数回支払った場合は、合算して自己負担限度額を超えた分が高額療養費として支給されます。

1年間で4回以上になる場合
高額療養費の支給回数が、1年間で4回以上になる場合、4回目以降は自己負担額が軽減されます。

70歳以上の方(自己負担限度額)

通院の限度額
個人ごとに計算
入院の限度額
世帯ごとの限度額
一定以上所得者世帯(※注1) 44,400円 80,100円+1% (※注4)
低所得者 U(※注2) 8,000円 24,600円
T(※注3) 15,600円
※1 一定以上所得者・・・課税所得が年額124万円以上の70歳以上の方
※2 低所得者U・・・世帯主及び世帯全員が市民税非課税の人
※3 低所得者T・・・世帯全員が住民税非課税世帯であって、世帯の所得が一定の基準以下の人
※4 医療費が361,500円を超えた場合は、その超えた分の1%を加算
●低所得者U・Tの人は「老人医療限度額適用認定証・標準負担額減額認定証」が必要です。

外来の場合
・医療機関でいったん全額を支払った後、申請により払い戻しが受けられます。
・1ヶ月間に治療を受けた全ての医療機関・調剤薬局の医療費・薬剤費

入院の場合
・医療機関では限度額まで支払います。
・1ヶ月間の外来分や、同一世帯内の老人医療対象者の医療費(入院及び外来分)を合算した額が対象になります。この場合、申請により払い戻しが受けられます。

医療費払戻請求
以下のような場合は申請すれば払い戻しを受けることができます。(一般世帯の場合)
■1ヶ月の外来の自己負担額が限度額(12,000円)を超えた場合
■1ヶ月の外来の自己負担額が限度額を超えていなくても、同一世帯の老人医療対象者の医療費の合計
(例:夫の入院負担額+妻の外来分負担額)が世帯ごとの限度額(40,200円)を超えた場合
■上記以外にも、払い戻し申請ができる場合があります。
ご不明な点や医療費に関するお詳しいご説明やご相談も承っておりますので、もよりの職員もしくは、下記の窓口にお気軽にご相談ください。
(相談窓口:医療相談室[1F]・外来医事課[2F]・病棟担当事務)

手続きの方法
■申請に必要なもの ⇒領収証・印鑑・預金通帳・保険証
■申請する窓口
・70歳未満の方、及び70歳以上・75歳未満で老人医療対象でない方
 (国民健康保険の方 ⇒ 住所地の区役所の国保年金課)
 (健康保険の方 ⇒ 事業所を統括する社会保険事務所または所属の健康保険組合)
・70歳以上の方 ⇒住所地の区役所の保険福祉課

ご存知ですか?『高額療養費貸付制度』
医療機関への支払い(一部負担金)が高額になったときは、後日払い戻しを受けますが、実際に支給されるまで3ヶ月くらいかかります。 健康保険・国民健康保険では、その一部を一時立て替える制度があります。
詳しくは医事課職員にお尋ねください。

保険外負担について

当院では、下記の項目について、その使用量・使用回数に応じた実費の負担をお願いしています。
・紙おむつ・・・・・・1袋 税込2,993円(内消費税143円) (他各種)
・尿取りパット・・・・1袋 税込893円(内消費税43円)

仕事を休んだ時の保障について

傷病手当金
社会保険の被保険者が病気や怪我やけがなどにより仕事ができなくなり、收入が減少またはなくなるなどの生活の不安に対し、その所得を保証する制度です。

■支給の条件(4項目)
@病気・けがのために仕事を休んでいること。
A仕事ができない(労務不能)状態であること。
B連続して3日間労務不能であること(待機期間といいます)
C給与の支払いを受けていないこと。給与の支払いを受けていても
、 その額が傷病手当金より少ない時は、その差額が支給されます。

■支給額
その被保険者の標準報酬月額の60%です。

■支給期間
同一の病気・けがについては、その支給開始の日から起算して1年6ヶ月間。

■手続き
医師の意見書を事業主に提出してください。

保険証を使えなかったとき

療養費の支給
次のような場合は、かかった医療費が一旦全額自己負担となります。
後日、申請して認められればお持ちの保険証割合に応じて療養費として支給されます。
なお、診査には2〜3ヶ月かかることがあります。

こんな場合 申請に必要なもの
@急病など、やむを得ない理由で保険証を持たずに治療をうけたとき ・診療明細書
・領収書
Aコルセットなどの治療用装具代がかかったとき ・医師の証明書
・見積書
・請求書
・領収書
B骨折やねんざなどで、柔道整復師の施術を受けたとき ・施術明細書
・医師の同意書
・同意書
C医師の同意または指示ではり・きゅう・マッサージなどの施術を受けたとき ・施術明細書
・医師の同意書
・領収証
D生血を輸血したき(親族以外が提供した場合に限る) ・医師の輸血証明書
・領収書
E海外で診療をうけたとき ・診療の内容がわかる医師の診療内容明細書と領収書
(外国語で作成されている場合は日本語の翻訳文が必要)