財団法人健和会 健和会大手町病院

ホーム大手町病院について医療関係の方へご意見・ご感想はこちら
  • 『医療の質の評価・公表等推進事業』
  • 病院情報の公開
  • 初期&専門研修医募集
  • 医師募集
  • 全日本民医連医師臨床研修センター
  • 薬剤師募集
  • 健和会看護部
  • 大手町病院までのアクセス方法
  • 大手町病院ふれあい通信健やかネット
  • 人間ドック・脳ドック予約はコチラ
  • ISO9001・ISO14001認定取得
  • 日本医療機能評価機構認定病院
  • 地域医療支援病院

特定健診・特定保険指導が始まりました

 メタボリックシンドロームは、お腹周りに脂肪のつく内臓脂肪肥満に加え、高血圧、高血糖、脂質異常の危険因子を複数あわせもち、生活習慣病が引き起こされる確率の高い状態です。重なる危険因子の数が多いほど、動脈硬化への危険が高まってきます。そこで特定健診では、腹囲測定やLDLコレステロールの検査項目を加え、メタボリックシンドロームの予備群や該当者をいち早く見つけられる健診を行います。
 また、健診結果により生活習慣の発症リスクなどから、3つのグループ、「情報提供」・「動機づけ支援」・「積極的支援」に階層化され、保健師、管理栄養士の専門家がプログラムにそって「特定保健指導」を行い、日頃の運動習慣や食生活を振り返り、今後の生活習慣の改善に取り組んでいくことになります。
健診内容はコチラ

特定健診・特定保険指導とは?

40歳から74歳の方は加入している医療保険者が行う特定健診・保険指導を受けることになります。


介護予防健診の実施方法が変わります。
健診項目は2段階となり、1次健診で選定基準に該当した場合のみ、2次健診(貧血検査・心電図等)を実施します。

健診結果により保健指導を行います。

特定健診・特定保健指導の流れ

特定健診における診断基準
ステップ1・内臓脂肪の蓄積リスク判定
●腹囲 男性85p以上、女性90p以上 ・・・@
●腹囲 男性85p未満、女性90p未満、かつBMIが25以上 ・・・A

※BMI=体重s÷(身長m×身長m)
※BMI=22が標準

ステップ2・健診結果から該当する項目をカウント
  1. 血糖・・・空腹時血糖100mg/dl以上、またはHbA1c 5.2%以上
  2. 脂質・・・中性脂肪150ml/dl以上、またはHDLコレステロール40mg/dl未満
  3. 血圧・・・収縮期血圧130mmHg以上、または拡張期血圧85mmHg以上
  4. 喫煙歴・・・あり(上記の1・2・3が1つ以上の場合にのみカウント)
ステップ3
ステップ1で@に該当する人 + ステップ2の内
  • リスクが2つ以上⇒積極的支援
  • リスクが1つ以上⇒動機づけ支援
  • リスクが0 ⇒情報提供支援

ステップ1でAに該当する人 + ステップ2の内
  • リスクが3つ以上⇒積極的支援
  • リスクが1つ以上⇒動機づけ支援
  • リスクが0 ⇒情報提供支援

ステップ4・ステップ3までの結果に加えて
服薬中の人は、保険指導の対象となりません。
65歳以上75歳未満の人は、積極的支援の対象となった場合でも動機づけ支援となります。

保険指導の内容

情報提供
(受診者全員)
健診結果の見方や健康的な生活習慣への理解を深めるための基本的な情報を提供します。

動機づけ支援
(リスクが出現し始めた段階)
保健師・管理栄養士の面接により行動計画を作り、生活習慣改善に取り組む動機づけを支援します。
6ヶ月間の継続的な支援を実施します。

積極的支援
(リスクが重なりだした段階)
保健師・管理栄養士の面接により行動計画を作り、生活習慣改善の目標達成を支援します。
6ヶ月間の継続的な支援を実施します。