公益財団法人健和会 健和会大手町病院

ホーム大手町病院について医療関係の方へご意見・ご感想はこちら
  • 『医療の質の評価・公表等推進事業』
  • 病院情報の公開
  • 初期&専門研修医募集
  • 医師募集
  • 全日本民医連医師臨床研修センター
  • 薬剤師募集
  • 健和会看護部
  • 大手町病院までのアクセス方法
  • 大手町病院ふれあい通信健やかネット
  • 人間ドック・脳ドック予約はコチラ
  • ISO9001・ISO14001認定取得
  • 日本医療機能評価機構認定病院
  • 地域医療支援病院

DPC(診断群別包括支払方法)について

平成20年7月より入院費の計算方法がDPC(診断群別包括支払方法)による計算に変更となります。

DPCとは

DPCとはDiagnosis(診断)・Procedure(手技)・Combination(組み合わせ)の略で、平成15年より大学病院などに導入された新しい「包括支払方法」に用いられる診断群(病名)の分類方法を指します。
DPC(包括支払方法)は、診療行為ごとに料金を計算する従来の「出来高払い方法」とは異なり入院される患者さまの病気・病状をもとに、処置などの内容に応じて定められた1日あたりの定額点数が決定され、その点数を基本に医療費を計算する方式です。
1日あたりの定額の点数は、診断群分類(1440種類)と呼ばれる区分ごとに入院日数に応じて定められています。
この1日あたりの定額の点数に含まれるのは入院基本料や検査、投薬、注射、画像診断などです、手術や麻酔、一部の高度な検査の手数料などについては、従来通り「出来高支払」で計算されます。
DPC(診断群別包括支払方法)図

医療費の支払い方法はかわるの?
一部負担金の支払方法は基本的に従来と変わりません。ただし、入院中に病状の経過や治療の内容によって診断群分類(病名)が変更になると、1日あたりの包括点数がかわりますので入院費用に変動が生じることがあります。
特に複数月にわたる入院のケースでは、退院時の前月までに支払額との差額の調整をさせていただきます。

すべての入院患者がこの制度の対象になるのですか?
いいえ。全ての入院患者さまが対象になるわけではありません。
先に述べた診断群分類(1440種類)のいずれかに該当する場合にDPCによる計算方法が用いられます。
診断群分類に該当しない場合には従来どおりの「出来高払い方式」となります。また労災保険や自賠責保険適用の入院の場合もこれまでどおり「出来高払い方式」になります。

高額療養費の扱いはどうなりますか?
高額医療費制度の取り扱いは従来とかわりありません。

ご不明な点は受付または病棟担当事務員にお尋ね下さい。