健和会トップ健和会大手町病院
HOME理念処遇事業所紹介診療科お問い合せサイトマップ

救急科

当院が基幹施設の救急科専門研修プログラムです

More...


外科

一般外科、および外傷外科を幅広く対象としています。救急外科、主に外傷外科治療もできる外科医の育成に力を入れています。

More...


麻酔科

「短期ローテーション」「外科・集中治療・救急系」「麻酔科専従」の3コースから。カスタマイズも可能。

More...


感染症科フェローシップ

臨床感染症および感染管理の専門家として、独立して働ける医師を養成する。

More...


形成外科

急性創傷はER受診者の多くを管理し、良好な治癒をはかるとともに、術後の問題に対しても対応している。
慢性創傷については褥瘡の予防から治療まで一貫して管理し施設入所後、在宅移行後の管理も行う。

More...


整形外科

変性疾患・外傷・感染・腫瘍などの幅広い整形外科疾患を経験するために、複数の院所で研修を行う。

More...


病理

専門医指導のもと、診断報告書作成と病理解剖執刀・剖検報告書作成を行う事で、全身諸臓器の疾患概念・解剖・病態生理を学習する事、を第一の目標とします。

More...


内科

当院の内科研修は、初期研修修了後に1年間の内科研修を経た後、認定内科医試験を受験していただき、その後は総合内科専門医資格もしくは内科サブスペシャリティ専門医資格の取得を目指していただきます。

More...


家庭医療

総合診療科では病院の特性を存分に生かし、あらゆる問題に対応できる本当の意味でのジェネラリストの育成を目指す。

More...


 

内科後期研修プログラム

指導医・研修医からのメッセージ

プログラム統括責任者 山口征啓

市中病院ならではの救急医療を通じた研修

 健和会大手町病院は、小倉北区の救急医療を担っており、重症の患者さんと遭遇する機会が非常に多いので、急性期の対応は間違いなく自信がつくでしょう。また、救急医療を通じて各科の垣根が低く、非常に相談しやすい環境にあり、他職種との関係も深く、他職種カンファレンスや多数アプローチも沢山経験できます。臨床研究については、日本では大学と市中病院の患者層が違うので、市中病院ならではの症例が豊富にあります。特に、大手町病院は生活保護や高齢者の方が多いので、日常でよく遭遇する問題に注目して臨床研究を行っています。学会発表と論文作成については病院がサポートしているので、発表しやすい環境にあります。

土台を作り、意味のある回り道をする

 内科の専攻医研修は、将来の専門科に向けた基礎固めの研修だと考えています。家で例えるならば土台となる基礎を作る段階です。基礎の上にどのような建物が出来てもいいように、内科の研修でもまずはしっかりとした土台を作る必要があります。この基本スタンスが私達の考える内科の専攻医研修です。
 実際の研修では、特定の科に偏るのではなく、内科の各ジャンルを幅広く研修していくとともに、感染対策や褥瘡対策、NSTなどの領域横断的な分野にも関わっていただきたいと考えています。そのような研修を通して、副業にあたるような部分も発見しつつ成長していってもらうのが一番理想的だと考えています。早く自分の将来を決めようとする人が多いですが、それは結果的に自分の幅や選択肢を狭めかねません。私は「意味のある回り道」という表現をしますが、専攻医研修ではあえて回り道をすることで、必然的に行先は見えてきます。慌てて色々なことに飛びつかないように、まずは腰を据えて研修をしましょう。実際の研修では、特定の科に偏るのではなく、内科の各ジャンルを幅広く研修していくとともに、感染対策や褥瘡対策、NSTなどの領域横断的な分野にも関わっていただきたいと考えています。そのような研修を通して、副業にあたるような部分も発見しつつ成長していってもらうのが一番理想的だと考えています。早く自分の将来を決めようとする人が多いですが、それは結果的に自分の幅や選択肢を狭めかねません。私は「意味のある回り道」という表現をしますが、専攻医研修ではあえて回り道をすることで、必然的に行先は見えてきます。慌てて色々なことに飛びつかないように、まずは腰を据えて研修をしましょう。

内科医を目指す皆さんへ

 システムの狭間でキャリアパスが見えにくいように思うかもしれないですが、内科医を目指す上で根っことなる部分は一緒です。目の前の患者さんのために共に頑張りましょう。

専攻医 山本哲也

地域医療のゲートキーパーとして

 当院の内科は、地域の急性期病院の中でもゲートキーパーとしての役割があると思っています。超高齢でADLも悪い患者さんの割合がとても多くなってきています。内科医師として超高齢時代を先取りした医療ができているところに日々やりがいを感じています。

当院の研修の特徴

 救急医療に力をいれているところが特徴です。救急医療を通じて総合診療分野がすごく学べますし、様々な疾患を持った患者さんに対しては専門科の壁を越えて相談できるところが当院の内科の強みです。スタッフ全員が患者さんのために頑張っているので研修の雰囲気は抜群に良いです。

夢は、自分の名前で患者さんが呼べる内科医になること

 今は呼吸器内科をメインに研修しています。その中でも気管支鏡については、自分で予約の手配をして全例対応させてもらっています。もちろん指導医の先生も付き添ってもらい、困ったらいつでも代わってもらえるので安心です。写真はポータブルの気管支鏡を操作しているところです。

初期研修医の皆さんへ

 早い段階で将来の進む道を決めることは大変だと思います。プログラムは沢山あるので迷うかもしれません。ただ、そんな時は自分に正直になって進めば後悔はしないでしょう。プログラムがきっちり決まっているということは迷わずに進めるということです。一緒に勉強しましょう!

科・スタッフの紹介

研修の特徴

  • 産業医科大学病院(呼吸器内科)
  • 千鳥橋病院(総合診療科・呼吸器内科・循環器内科)
  • 国立国際医療研究センター病院(感染症科)
  • 霧が丘つだ病院(呼吸器内科)
  • 製鉄記念八幡病院(糖尿病内科)
  • 新小倉病院(消化器内科・肝臓病内科)

診療実績

内科13分野別診療実績

2014年実績 入院患者実数
(健和会大手町病院)
総合内科 1,000
消化器 389
循環器 495
内分泌 25
代謝 257
腎臓 224
呼吸器 841
血液 57
神経 428
アレルギー 17
膠原病 28
感染症 194
救急 193

週間スケジュール

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
8:40-
9:00
救急
カンファレンス
救急
カンファレンス
救急
カンファレンス
救急
カンファレンス
救急
カンファレンス
救急
カンファレンス
休日
AM 内科外来 病棟 病棟 救急外来 病棟 病棟 休日
PM 病棟 病棟 病棟 病棟 カンファレンス
症例検討会
休日 休日
担当患者の病態に応じた診療/オンコール/当直など
  • 上記はあくまでも例です。
  • 内科および各診療科(Subspecialty)のバランスにより、担当する業務の曜日、時間帯は調整・変更されます。
  • 入院患者診療には、内科と各診療科(Subspecialty)などの入院患者の診療を含みます。
  • 日当直やオンコールなどは、内科もしくは各診療科(Subspecialty)の当番として担当します。
  • 地域参加型カンファレンス、講習会、CPC、学会などは各々の開催日に参加します。
  • 救急カンファレンスでは前日の当直帯の症例を全科でカンファレンス・症例検討をします。

募集要項

定員 1年次につき3名
研修期間 2017年4月〜 
受験資格 卒後医師臨床研修を修了した者、または見込み者
必要書類 医師免許証の写し、臨床研修修了登録証あるいは修了見込証明書の写し、6ヶ月以内の健康診断書
採用試験 2016年8月〜随時
選考方法 個別面接による総合評価
連絡先 〒803-8543 福岡県北九州市小倉北区大手町15-1 臨床研修課
Tel:093-592-3325 Mail:kensyu@kenwakai.gr.jp
処遇 身分:健和会大手町病院常勤医師
給与:医師免許取得後 3年目 月額基本給 412,000円
           4年目 月額基本給 423,000円
           5年目 月額基本給 435,000円
   当直手当、賞与は別途支給
休暇:第2第4土曜日、日曜日、祝日、夏期休暇、冬期休暇、年次有給休暇
住宅:研修医専用宿舎(月定額8,000円)、別手配の場合(住宅手当月額約50,000円支給)
保険:健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険、医師賠償責任保険