健和会トップ健和会大手町病院
HOME理念処遇事業所紹介診療科お問い合せサイトマップ

救急科

当院が基幹施設の救急科専門研修プログラムです

More...


外科

一般外科、および外傷外科を幅広く対象としています。救急外科、主に外傷外科治療もできる外科医の育成に力を入れています。

More...


麻酔科

「短期ローテーション」「外科・集中治療・救急系」「麻酔科専従」の3コースから。カスタマイズも可能。

More...


感染症科フェローシップ

臨床感染症および感染管理の専門家として、独立して働ける医師を養成する。

More...


形成外科

急性創傷はER受診者の多くを管理し、良好な治癒をはかるとともに、術後の問題に対しても対応している。
慢性創傷については褥瘡の予防から治療まで一貫して管理し施設入所後、在宅移行後の管理も行う。

More...


整形外科

変性疾患・外傷・感染・腫瘍などの幅広い整形外科疾患を経験するために、複数の院所で研修を行う。

More...


病理

専門医指導のもと、診断報告書作成と病理解剖執刀・剖検報告書作成を行う事で、全身諸臓器の疾患概念・解剖・病態生理を学習する事、を第一の目標とします。

More...


内科

当院の内科研修は、初期研修修了後に1年間の内科研修を経た後、認定内科医試験を受験していただき、その後は総合内科専門医資格もしくは内科サブスペシャリティ専門医資格の取得を目指していただきます。

More...


家庭医療

総合診療科では病院の特性を存分に生かし、あらゆる問題に対応できる本当の意味でのジェネラリストの育成を目指す。

More...


 

健和会大手町病院救急科専門研修プログラム(基幹型)

救急科専門研修プログラム(基幹型)PDF

指導医・研修医からのメッセージ

プログラム統括責任者 村田厚夫

圧倒的な症例数とティーム医療の実践

 当院の救急専攻医研修の特徴は、何と言っても「症例数の多さ」です。重症外傷はもちろん、各種ショック症例、重症中毒など、救急医学領域で学ぶ症例が多くあります。さらに、もう一つの特徴は、「ティーム医療」です。外科系はもちろん、循環器疾患や感染症などを含む内科系疾患の対応も、スムーズに連携が行われます。基本は北米型ERですが、プログラムにあるように、集中治療管理を含め、希望する領域の研修も行えます。
  救急指導医指定施設・専門医修練施設、外傷専門医修練施設であり、救急医を目指す医師の要望に応えることが出来る施設です。

後期研修医(専攻医) 山本康之

自由にやりたいことがやれる風土

 当院は救急車の搬入台数が多いので、様々な症例を経験でき、かなり稀な症例に遭遇することもあります。研修では、基本手技一般に加えて、精神科対応や中毒対応など、幅広く勉強することができ、ある程度の裁量権を与えてもらえるため自由にやりたいことをやることができる風土があります。救急隊の方々が気さくで仲良くなれるというのもアピールポイントです。
 将来はここでの経験を生かして災害医療と消防局に在中できる救急医を目指しています。そこでメディカルコントロールの体制づくりができたらと思っています。
 「求めよ、さらば与えられん。叩けよ、さらば開かれん。」自分の頑張り次第でいろんなことを体験できるいい病院だと思います。気軽に見学にお越しください。

科・スタッフの紹介

はじめに

当院は、年間救急車6000台以上、救急患者25000人以上を受け入れており、「断らない救急」をモットーに24時間365日、一次から三次までの救急医療を対応しています。
 救急初療室は北米型ERの体制をとっており、専門科に関わらず救急医が幅広い視野で全科の初期対応を行い、緊急CT、MRIおよび緊急手術、IVR対応も迅速に出来るように医師・看護師・コメディカル全体で体制を整えています。重症・多発外傷や心肺停止状態の症例も受け入れており、CPA・外傷チームという複数医師の同時呼び出し体制を設けて、初期から根治的治療までの円滑で迅速な診療を行います。
 集中治療室では脳血管障害や虚血性心疾患など明らかに担当科が判明している患者については各診療科が中心となり全身管理を行います。一方、重症呼吸不全、敗血症性ショック、多臓器障害、中毒、心肺停止、多発外傷などの重症病態や担当科が多岐に渡る場合には救急科が初期治療を担当するとともに、院内各科との連携を密にしつつ初期治療に引き続く集中治療を行います。
 また、全ての救急患者に医学的な観点だけでなく、社会背景や家族背景等を考慮した全人的医療を心掛けており、受診された患者・家族及びご紹介いただいた施設の様々なニーズに応える努力をしています。

募集定員

 5名(プログラム全体)

研修期間

 3年

専攻研修指導医数

 6.3名(プログラム全体)

連携施設

 ・佐賀大学医学部附属病院
 ・産業医科大学病院
 ・大阪大学医学部附属病院
 ・小倉記念病院
 ・小波瀬病院
 ・製鉄記念八幡病院
 ・沖縄協同病院
 ・東葛病院

ローテート

 研修領域ごとの研修期間は、基幹施設での救急診療(クリティカルケア含む)24か月間、高度救命救急センター研修6か月間、地域二次救急研修3か月間、過疎地域て?の救急診療研修3か月間を基本としています。

施設類型 施設名 主たる研修内容 1年目 2年目 3年目
基幹研修施設 健和会大手町病院 救急診療
集中治療
MC
災害医療
A E A
B B E
C C
D D
高度救命救急センター 大阪大学医学部附属病院 救急診療
集中治療
ドクターヘリ
- - - - - - A B - -
佐賀大学医学部附属病院 E C D
二次救急
医療施設
産業医科大学病院 救急診療
集中治療
- - E - A - - - - - - -
小倉記念病院 B
小波瀬病院 C
製鉄記念八幡病院 D
地域医療
研修施設
沖縄協同病院 過疎地域
救急診療
E A D
東葛病院 C B

A~E:専攻医のアルファベットのセルの最小幅は3ヶ月

診療実績

2015 施設群全体の実績

本プログラム症例区分 本プログラム症例数合計 必要経験症例数
1. 心停止 329 15
2. ショック 318 5
3. 内因性救急疾患 21,769 45
4. 外因性救急疾患 5,576 20
5. 小児および特殊救急 9,676 6
6. 救急車(ドクターカー、ヘリ含む) 16,499 500
7. 救急入院患者 7,767 200
8. 重症救急患者 1,502 20

募集要項

定員 1年次につき5名
研修期間 2017年4月〜
受験資格 卒後医師臨床研修を修了した者、または見込み者
必要書類 医師免許証の写し、臨床研修修了登録証あるいは修了見込証明書の写し、6ヶ月以内の健康診断書
採用試験 2016年8月〜随時
選考方法 個別面接による総合評価
連絡先 〒803-8543 福岡県北九州市小倉北区大手町15-1 臨床研修課
Tel:093-592-3325 Mail:kensyu@kenwakai.gr.jp
処遇 身分:健和会大手町病院常勤医師
給与:医師免許取得後 3年目 月額基本給 412,000円
           4年目 月額基本給 423,000円
           5年目 月額基本給 435,000円
   当直手当、賞与は別途支給
休暇:第2第4土曜日、日曜日、祝日、夏期休暇、冬期休暇、年次有給休暇
住宅:研修医専用宿舎(月定額8,000円)、別手配の場合(住宅手当月額約50,000円支給)
保険:健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険、医師賠償責任保険