公益財団法人健和会 看護部

  • ホーム
  • サイトマップ

看護部 研修制度

健和会看護部の院内研修は「基礎コース」「ゼネラルコース」へと看護実践能力を段階的に習得する事を目指しています。
「基礎コース(レベルT〜W)」では、看護技術や知識、態度の習得を目指した研修、さらに事例から患者を総合的に捉えて、患者の立場にたった看護実践を学ぶ研修を実施しています。また、「基礎コース(レベルT)」は、プリセプター制度を実施しています。新人のみなさんをプリセプターがしっかりサポートします。
研修縮図
ゼネラル・達成者

基礎コース(レベルT〜W)

 健和会看護部方針である卒後5年間で、一人前の看護師を育成することを目標に、「基礎コース」と位置づけ、レベルT〜Wの到達目標を設定しています。研修企画主体は、事業所(Off JT)・職場(OJT)での教育を基本にしています。
 「基礎コース」は、成長段階をレベルT・レベルU・レベルV・レベルWの4段階とし、レベルW到達度を達成すると「ゼネラルコース」へ進みます。

 基礎コース(レベルT〜W)の到達時期は以下の時期を目安にしています。

レベルT
卒後1年目

看護技術(注射・移動・導尿)・看護記録・BLS・褥瘡対策・栄養管理・ME機器・・・

  1. 患者の病態・生理の把握を中心に、患者を総合的にとらえる。
  2. 臨床における基本知識・技術が身につく。
  3. 病院や職場のメンバーとしての自覚を持つことが出来る。
レベルU
卒後2年目

夜勤業務自立・友の会活動の参加

  1. 「患者の事実」を通じて、患者を個別的に総合的に捕らえる。
  2. 民医連看護が理解できる。
  3. プライマリーナースとしての能力を身につける。
レベルV
卒後3年目

リーダー業務の実践・事例研究

  1. 患者を総合的にとらえ「患者の要求」とは何か、を考えて看護実践できる。
  2. 民主的集団医療について理解しリーダーシップを発揮できる。
  3. 自立したプライマリーナースとしての民医連の看護実践ができる。
レベルW
卒後4年目

プリセプターの実践

  1. プリセプターとしての役割を理解し、看護実践することが出来る。
  2. 看護実践場面におけるリーダーとなることができる。
  3. 看護研究が理解できる。

ゼネラルコース(中堅T・中堅U)

ゼネラリストの育成として、看護実践場面でのリーダーの役割、看護実践能力の達人を目指して、法人看護部、各種委員会での研修を活用し、必要なスキルを習得するために選択するコースであり、「基礎コース」を修了した次のステップです。
ゼネラルコース(中堅T・U)の到達時期は以下の時期を目安にしています。
中堅T:卒後6〜9年目              中堅U:卒後10年目以上

達成者

ゼネラルコースを達成すると「達成者」として認定し、看護教育活動などの活動を実践していきます。
認定看護師
研修風景