公益財団法人健和会 看護部

  • ホーム
  • サイトマップ

看護部 先輩の声

諸永 幸子 諸永 幸子 (もろなが ゆきこ) (大手町病院 副総師長 感染管理認定看護師)
 感染管理は、患者さんを取り巻くあらゆる場面において必要なことであり、“予防に努めること、感染発症を減少させること”が重要です。これに対し感染管理認定看護師として、「職員1人1人が職種性を活かしつつ、適切な感染対策が実践でき、当院を訪れる全ての方が安心して治療等に専念できるよう指導する」「病院だけでなく地域全体で予防活動が推進するための支援を行う」「感染対策の後継者をより多く育成する」を目標に掲げ、活動を行っています。患者さんを中心としたリスクの少ない看護・介護ができるよう、一緒に頑張りましょう。

中橋 厚子 活動 中橋 中橋 厚子 (救急看護認定看護師)
 救急看護の対象となるのは、不慮の事故による外傷、脳卒中などの突発的な発症や慢性疾患の急性増悪、各種中毒など、多種多様な疾病・外傷を有した患者さんとそのご家族です。  救急外来において、確実な救命技術を実践し、危機状況にある患者さんやご家族への精神面の援助を行い、安心して治療に望める環境を提供できるように心がけています。 後継者育成という目的で、シミュレーションを中心とした急変時対応研修も実施しています。看護実践と教育を通し、他の看護師などに対しての指導や相談を行い、救急看護の質の向上につながる様に活動を行っています。 災害時看護についても発災直後からの支援活動を行い、被災地で適切な医療・看護を提供する役割を担い、被災者に寄り添う活動を行っています。そして当院の災害拠点病院としてのシステム作りを行っています。

梅ア 望 梅ア 望 (大手町病院 集中ケア認定看護師)
 クリティカルケアを必要とする患者さんは、さまざまな原因により身体機能が障害され、自らの自然回復力では改善し難い状態にあります。人工呼吸器や補助循環、薬剤、輸液の補助によって生命維持をしている患者さんも多くいます。私たちは、急性期から早期に離床を目指し日常生活を送れるよう生活支援を行い、継続看護が提供できることを目標にして活動しています。その中で、スタッフのアセスメント・実践能力が向上できるようスタッフと共に現場で、看護を実践しています。現場での看護実践の中では「根拠」を大切に指導することを心がけています。看護力の向上には、スタッフ全員が基本的看護技術、アセスメント力を統一してもてることが必要と思い、カンファレンスや学習会を実施しています。また、人工呼吸器を装着されている患者も多く、RST活動を通じて早期に人工呼吸器から離脱できるよう、病棟を巡回して看護を実践しています。

十時 綾子 十時活動中 十時 綾子 (大手町病院 糖尿病看護認定看護師)
 糖尿病看護とは、糖尿病を抱え生活されている患者さんやご家族に対し、病気の悪化を防ぐとともに、その人らしく健やかな生活を送れるよう支援するものです。 外来で血糖値や体重のコントロール、療養上の悩みを相談する療養指導を行っています。また入院中の患者さんへ、インスリン導入時の援助や退院後の生活を見据えた生活相談を行い、糖尿病教室を運営しています。糖尿病の合併症として糖尿病性腎症や足病変がありますが、その発症予防・進展予防のために、医師や多職種と連携して透析予防外来・看護フットケア外来を行っております。
 糖尿病の療養は生活そのものであり、その生活を支えられる看護が提供できるよう院内・院外の教育・指導に努めて行きたいと思います。

佐藤 広子 佐藤 広子 (大手町病院 医療安全管理部 感染管理認定看護師)
 私は感染管理認定看護師として、医療安全管理部で感染対策を担当しています。患者さんの健康、職員の健康を守るのはもちろんのこと、患者さんや職員の家族を守るためにも、日々、全職員と連携しながら感染対策に取り組んでいます。「手洗いを制するものは感染対策を制する!」を合言葉に、“いつも笑顔・いつも元気”で院内感染予防に向けて頑張っています。

坂崎 香織 坂崎 フットケア 坂崎 香織 (戸畑けんわ病院 糖尿病看護認定看護師)
 糖尿病看護は、糖尿病を抱えながら生活する人として患者さんをとらえ、病期に応じた健康な生活が送れるように支援するものです。
 戸畑けんわ病院は壮年期から高齢期の患者さんが多く、病気の状態も生活スタイルも様々です。糖尿病看護認定看護師として活動する中で、様々なバックグランドを理解し、その方が持つ力を信じるエンパワメントアプローチを意識しながら療養指導やフットケア、糖尿病透析予防外来を実施し合併症予防や悪化防止に取り組んでいます。
 院内では糖尿病療養指導士資格を有する多職種と連携を図り、患者さんのケアの他、糖尿病委員会運営、学習会企画、病院友の会での糖尿病啓発活動に楽しく取り組んでいます。患者さんの変化に喜びを感じながら、私自身も成長していきたいと思います。

梅ア 哲也 梅ア活動中 梅ア 哲也 (大手町病院 皮膚・排泄ケア認定看護師)
 皮膚・排泄ケアとは創傷・ストーマ管理・失禁に伴う問題に対して患者さんに適切なケアを提供する事です。正しいスキンケアを行うことにより、皮膚を健康に保つことは様々な効果が生まれます。身体面の健康であることだけでなく、皮膚の清潔・排泄は人としての尊厳や精神面にも深く影響します。
  全ての患者さんに満足していただけるケアを提供できるよう実践していくとともにスタッフの指導・相談を行い、病院の皮膚・排泄ケアの質の向上につながるように努めていきます。

時枝 佳世 時枝 佳世 (脳卒中リハビリテーション看護認定看護師)
 脳卒中は、突然の発症により、意識障害や麻痺、失語症や嚥下障害など様々な機能障害をきたすことが多く、患者さんは発症前の生活から大きな変化を余儀なくされます。脳卒中リハビリテーション看護では、「救命」と「QOL」に視点を置き、発症直後から重篤化回避のためのモニタリングや合併症予防に努め、スムーズにリハビリテーションが行える身体作りを行います。また、患者さんや御家族の思いに寄り添い、障害を抱えても「再びその人らしく生活するためには、何が必要か」を考え、ADL向上を目指して日々のケアの中でリハビリを取り入れながら、多職種と協働し生活再構築をサポートしていきたいと考えています。