女性医師も奮闘中!!!

救急科の最近のブログ記事

救急シミュレーション甲子園大会 報告

| コメント(0)

12月20日(土)国立国際医療センターで第1回「救急シュミレーション甲子園会」が開催され、寺坂勇亮医師、宮本大輔医師、嶋田和浩医師の3名がチームを組んで参加しました。

■「救急シミュレーション甲子園大会甲子園大会」とは?
全国研修病院対抗・医療タスク遂行能力コンペティション
<目的> 高性能シュミレーター(high-fudelty simulator)を用いたシミュレーションにより、参加チームの医療遂行能力を客観的に評価しランキングを行う。
<評価方法> トーナメント制でシュミレーションシナリオにチャレンジし、ジャッジが医療遂行能力を採点する。採点するカテゴリーは、クリティカルな治療介入までの時間とチェック項目達成率、 チーム機能評価。

■シナリオは以下の3症例でした<ケース1> 70代男性 会話困難 左半身不全麻痺を主訴にしに救急搬送。最終未発症 確認時刻2時間半前
<ケース2> 60代男性 呼吸苦、胸部不快感、全身倦怠感を主訴に救急搬送
<ケース3> 50代男性 胸部違和感を主訴に救急受診

■結果は…優勝する気満々で参加した大手町病院チーム、残念ながら参加7チーム中5位という結果でした。ちなみに1位は聖路加国際病院、2位は麻生飯塚総合病院、3位は国立国際医療センターでした。
■参加した医師の感想やっぱり有名病院の壁は厚かった…。が、今後の自分のためには大いに意味のある大会であったと思います。

お疲れ様でした… 来年は是非リベンジをお願いします。

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち救急科カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは外科です。

次のカテゴリは講義・勉強です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。