女性医師も奮闘中!!!

07吉村真一朗の最近のブログ記事

名古屋にて

| コメント(0)
新入研修医が今年も頑張っているようですね。
先日は久しぶりに男前病院に伺いましたが、知らない研修医も増えて、ちょっぴり淋しい熱帯魚になりかけました。

さて、名古屋に来て早1年半が経ちます。通常の手術麻酔に加え、成人集中治療、小児心外術後管理、ペインクリニックなど様々な臨床経験を積ませてもらってます。
また大学には学会発表や論文作成などのノウハウも蓄積されており、アカデミックな部分も非常に充実しています。

研修医なりたての頃は目の前の臨床現場に対応するのが精一杯で、研究や論文など手が回りませんでしたが、ようやく研究の重要性と楽しさ、難しさ、限界というものを実感している今日この頃です。

今は
・小児心臓血管術後の栄養療法プロトコルの有用性
・術中糖質負荷による飢餓性異化反応の抑制効果〜間接熱量計を用いた評価〜
・集中治療栄養療法の国際多施設観察研究

この3本立てを頑張っております。
押しつけでなく、自分がやりたかった事を現実化していただき、実際に研究するまでに協力頂いている名古屋市立大学の麻酔科スタッフの先生方には本当に感謝するばかりです。

あと半年・・。と考えるとまた熱帯魚が現れそうですが、出来るだけ多くの知識や経験をゲットし、男前病院で還元できたらと思います。

T軍曹に負けぬよう精進しなければなりません(笑)

半年が過ぎました・・

| コメント(0)
久しぶりの登場sinnです☆
名古屋の大学病院に国内留学して半年です。

大学病院の医療ってどんなんだろう・・って思いも抱きつつ来ましたが、
とりあえず無茶苦茶に忙しいです。しかし男前の頃とは忙しさの質が違います。
男前時代は臨床現場の密度が忙しかったのですが(例えば緊急手術麻酔やERのドタバタ劇)、大学は手術が長い、外勤が多い、勉強会が多い、臨床研究が次から次へ・・と臨床プラスの部分に費やす時間が多く、自分の時間が欠乏している感じです。

先週末は
土曜:午後講演会
日曜:医局の定期ゴルフコンペ
月曜:午後外勤 帰院後勉強会
火曜:午前外来 午後オペ 夕学会準備
水曜:一日手術 夜当直
ってな感じです。

北九州から物騒な事件事故の便りをTVという情報源でよく耳にします。
男前な人たちは疲弊していませんか?

遠い名古屋から応援しています♩

名古屋に来ました

| コメント(0)
sinnです。

みなさんお元気ですか?

名古屋に来てもうすぐ1ヶ月。先週から名古屋市立大学病院で勤務しています。心臓麻酔、集中治療、栄養学の勉強のため2年間の予定です。目標はPALS,JB-POT,集中治療専門医,論文作成,学会発表などなど。そう考えると2年なんてあっという間のようです。果たして全部クリアできるのか・・。

大学の医療はまだ1週間しか見れてませんが、男前病院の良い面悪い面様々見えてきます。また研修の月日が流れまとまれば報告したいと思います。

今月は中旬から早速集中治療室の当直や麻酔科on call、外勤、心臓麻酔が入り乱れ忙しくなりそうです。大学は複雑なオペが多いようで、朝も6時半起きでぎりぎり、オペ時間も総じて長く、なかなか自分の時間がありません。

自分にもう一度鞭打つ気持ちで頑張ってきます!

ついに

| コメント(0)
sinnです。
2月15日をもって名古屋の大学病院に国内留学してきます。
初期研修から5年間たくさんのスタッフの方々にお世話になり感謝の気持ちでいっぱいです。2年の研修を終えたらまた戻ってきます。そのときまでしばしお別れです。

さて、名古屋では心臓麻酔・集中治療・栄養という3つの軸に絞って勉強してきます。もちろん大学病院という場所での医療そのものも勉強になりそうです。

畑が変われば様々な文化やルールの違いがある事でしょう。それらを鵜呑みするつもりはないですが、いったん自分のフィルターに通して、今までの経験と併せ自分なりのスタイルに確立できればいいなと思っています。

同期9人いましたがみんな他の医療機関で頑張っています。その中で最後の1人になりましたが、男前病院のメンバーとして胸を張って大学に乗り込んできます!

ではでは、また名古屋から投稿します☆

2月になりました

| コメント(0)
2012年も1ヶ月が過ぎましたよ。今年もあと11ヶ月です。このペースでいくと今年もあっという間でしょう。

僕は2012年は名古屋で過ごします。国内留学という形で2年間勉強してきます。当院の麻酔科の先輩方は東京女子医大や自治医科大学、旭川医科大など色んなところへ勉強に行って戻ってこられてますね。病院によってお作法や麻酔の仕方が異なるので、それを持ち帰って大手町独自の形に発展させる事は非常に有意義だと思います。

まるでサラダボウル状態とでも言えるかもしれません。良い意味で。

さて、前回投稿した通り救急外来は2012年幕開けと同時にすごい激しい日々が続いています。4年に1度のオリンピックイヤーも関係しているのでしょうか。

ぜひ学生さんにたくさん見学に来てもらいたいですね!

さて

| コメント(0)

年末は毎年民医連の奨学生や来年入職する新研修医を集めて交流会があります。
その一環としての学習会で「何か話してください」と学生課から頼まれプレゼンをちょこちょこ作っています。
内容は未定・・。とりあえず医師を目指す学生さん達が集まっているので医師になるために何をしていたら良いかってな感じの事を偉そうに1時間話してみようかなと考えています。

それに先立ち、1−2年目研修医や医学生課の職員にアンケートをとってみました。
これが皆さん正直に屈託のない意見が書かれており本当に参考になりました。

まだ発表していないので年明けてからまたここに書きましょう。

初心に戻らされたsinnでした。

術前補水

| コメント(1)

手術前に絶食どのくらい出来そうですか・・?絶飲はどのくらい出来そうですか・・?

世界のガイドラインではすでに、軽食なら6時間前まで、飲み物は水やお茶なら2時間前までOKとなってます。実は。
一方日本の病院の90%は未だに10時間以上の絶飲食となっているのが現状でして。術前の栄養管理を見直そうと言われだして10年くらいになりますが。しかもこれが言われだしたのはヨーロッパの外科の先生が結腸の手術を対象にした研究が発端だったんですね。

さて、当院でも術前飲水を見直すべく、取り組んで参りました。
倫理委員会に通し、先行臨床研究をし、外科系診療部会議で説明し、師長会議で説明し・・。一つの事を変えるのは本当に大変です。
今回学会でも発表してきましたが、大学病院とかはもっと大変とのことでした。

麻酔科学会でもまだまだ周術期の栄養管理などはホットな話題で、演題数も増えています。

当院で手術受ける患者さんの満足度が上がるといいですね〜。

再会

| コメント(0)

おっと、投稿忘れてました・・。

今日はN井と久しぶりの再会。アメリカで大車輪級の活躍を見せる彼。オペ開始直前だったけど、集中治療室に現れているとの情報を察知しそっと覗いてみる。

いた。

変わらない戦友との再会、そして抱擁、そしてアイコンタクト。

わずか20秒。これで十分。

さて手術に臨もう。

今日はN井の講演会。

メディカルラリー終えました

| コメント(0)

 暑い熱い3日間だった。

 精鋭6人は小倉を発ち、13時に決戦の地大阪に。まず向かう先は、通天閣。勝利を誓うため真っ直ぐ串かつ屋へ。
 そのまま誓い続けること3時間。3万円分のカツをお腹にしまい、ミーティングの場所を移す。熊本出身の女将が営む居酒屋ののれんを潜り再度勝利への欲を確認し合う。
 熊本チームも合流し九州の固い絆を確かめつつ、10時間近くに及ぶミーティングは終わった。
 数名はラーメンなる油を補給し、翌日の決戦に備えた・・。

 さてさて、大会は21チームが参加し計7シナリオをこなしました。小児の外傷、成人心肺停止、交通事故現場での病院前救護、集団食中毒現場や交通事故現場でのトリアージ、深夜のヘリコプター墜落事故現場での病院前救護と、万博記念公園周辺で現場のリアルな再現と模擬患者のリアルな演技のもと、競い合いました。
 大阪にはN田先生が、埼玉からはT内先生が、ほかにも大学の同期が2人いて、知り合いがこの場で競い合ってることを不思議に感じてました。

 競技中は、いまさらながら、いかに自分の視野が狭くなりがちか、思考が局所に向かいがちか、実感させられ反省の連続でした。T軍曹に助けられながらも、ボコボコにされるところでした。そして何よりチームワークの重要性を認識させられました。
 結果的には関西のチームは優秀でした。優勝チームは2日に1回は練習していたようで、チームワークもばっちりだったようです。日頃から勉強したり練習したり災害医療のことを考えたりすることが今回の競技の成績、そして実際の医療の現場で活きるんだと教えられた大会でした。
 
 井の中の蛙ではないですが、率直に、災害医療・外傷診療に精通する人たちはたくさんいるし、僕らはまだまだ院内診療の枠の中でしか生きていないということを実感しました。

 大会の詳細はまた我らがリーダーT軍曹が写真を交えながらレポートしてくれると思います。

 最後に参加の機会をいただいたT軍曹や救急隊のメンバー、看護メンバーに感謝しつつsinnの報告を終わります。

 来年も名古屋から参加したいなぁ。

メディカルラリー

| コメント(0)

23日に大阪千里でメディカルラリーという病院前救護の大会があります。
医師2人と看護2人と救急隊2人が1チームで判断力や技術やチームワークを競い合います。BLS・ACLSを試されたりJATECを試されたりトリアージを試されたり・・。もちろん仮想の状況で競技するんですがスタッフの方々も本腰入っていてかなりリアルなようです。昨年は突然移動中に前を歩いていたスタッフの人が倒れたり、救急隊の1人が通り魔事件の救護中に犯人に刺されるという状況もあったようとか・・。去年は我らが男前病院からT先生とN井先生が参加したんですが、今回はsinnとT先生で乗り込んできます。目標はtop3!どんなシナリオが用意されているのか今から楽しみです☆足を引っ張らないよう努力してきます。

また終わったらT先生が写真を交えアップしてくれるでしょう。

頑張りましょうね!

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち07吉村真一朗カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは06寺坂勇亮です。

次のカテゴリは07桐木・市川園子です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。