女性医師も奮闘中!!!

07杉田健の最近のブログ記事

夏至

| コメント(0)
だそうですね、今日は。1年で一番日が長い日ですね。
今日は泊まりの準夜なので、20時までは医局で仕事中です。

節電の影響か?医局内が蒸し暑くてたまりません。
過ごしやすかった北海道の夏が恋しくて仕方ありません。笑

さて、大手町に戻ってきてもう3カ月が経ちました。
やっと大手町の流れにも慣れました。

今、2年目のN君が整形外科を研修に来てくれています。
当院の整形外科は初期研修では選択の科なので、なかなか研修医の先生との接点がありませんが、こうして整形外科を回って来てくれると直属の後輩ができたようでうれしいもんです。

でも、なかなか日々の日常業務に追われて、思ったように指導できていないのが、残念なところです。

と、そんなところでもう時間になったので、ERに向かいたいと思います。

今夜は平和でありますように...。

帰任

| コメント(0)
どうも すぎたです
年度末のバタバタで投稿できぬまま帰任となりました
すんません T先生

さて、4/2より仕事始めとなりましたが、
帰任早々緊急手術だったり、翌日には準夜だったり、
初日から男前病院の洗礼を受けております(苦笑)

今日は帰任3日目となりましたが、
たった1年のブランクでもオーダーの仕方を忘れていたり、
男前病院特有の流れだったり、仕事も思うようにはかどりません

慣れるまで1カ月はかかりそうですが、
徐々に慣らしていこうと思います

そんなことで男前病院のみなさん、また宜しくお願いします

北の国から7...くらい?

| コメント(0)
ほっかいどうはさむいど〜
ど〜も杉田です。

さむいというよりは痛いというほうが適切です。
札幌市内でも最高気温が−4℃とかなので、手袋・耳当ては欠かせません。
先日もキロロという札幌から車で小1時間のスキー場にボードに行きましたが、山頂は−17℃。。。しかも吹雪いていて、鼻や頬など帽子やネックウォーマーで隠せない部分は凍傷になってしまいました(苦笑)今凍傷した部分が脱皮しています(笑)

まあそんなこんなで研修に子育てにレジャーに勤しんでおりましたら、ブログ更新が滞ってしまいました。
T先生すいません。

さて、北海道での研修生活も残すところあと1か月と少しになりました。
これまでの11カ月は本当にあっという間でした。

ちょうど明日、男前病院の整形外科部会があって、外部研修報告しなければならないので、経験した手術症例をまとめましたが、ざっくり執刀80例、助手100例くらい。人工関節は肩、肘、指、股、膝を経験し、人工膝は13例執刀させてもらいました。手の外科分野はほぼ助手でしたが、手根管開放術や腱鞘切開術など局麻下の手術は何例か執刀しました。また切断指の再接着なども経験できました。脊椎外科の手術も基本は助手でしたが、腰部脊柱管狭窄症や頸髄症に対する除圧術や固定術以外にも、脊髄腫瘍摘出術なども経験しました。外傷に関しては男前病院に来るような派手な外傷は診ていませんが、大腿骨近位部骨折や橈骨遠位端骨折など高齢者の脆弱性骨折の骨接合術や人工骨頭挿入術は男前病院と同様に執刀させてもらいました。この11カ月弱で変性疾患を中心に整形外科分野の手術をまんべんなく1年間で研修できた感じです。そして他科同様に整形外科も細分化されていることがよくわかった1年間でした。また、来週に迫った人工関節学会での発表など、学会発表も2回ほど行って、臨床研究も大事だなということがわかりました。
でも、この1年間の研修で身につけたことを男前病院に戻ってから、日々の診療の中で還元し、更に再来年の整形外科専門医取得に向けて、上級医の指導を仰ぎながら、整形外科医として修練していきたいなーと気持ちを新たにしているとこです。

ただ、この1年間整形にどっぷり浸かっていて、一応救急外来の準夜にも入って内科疾患もちょろっとみましたが、男前病院のようなコテコテの救急症例を診ていないので、帰任してどこまでやれるか不安がいっぱいです。
なので、私と一緒に救急に入った方はサポート宜しくお願いしますね。

では、4月の帰任までにもう1回ぐらいブログ更新したいと思います。ではでは。


北の国から6

| コメント(1)

ほっかいどうはすすしいどーも杉田です。
北九州は猛暑ですか?
新聞・ニュースをみると今年は猛暑のようですね。

こちら北海道はというと8月前半は暑かったですが、お盆に大雨が降って以降はめっきり涼しくなりました。夜も窓を開けて寝れば、寒くて風邪を引きそうです。
もう秋に突入したかのようです。

先週夏休みをいただき、知床に行ってきました。
6月に行ったときは天候不良で知床遊覧船やホエールウォッチングできませんでしたが、今回は天候に恵まれ、世界遺産知床の大自然を満喫してきました。マッコウクジラもクルーザーからみてまいりました。

さて、仕事はというと、整形外科特有?の夏枯れなのか手術件数自体はここ2週間は減っています。
ですが、研修に来てから4ヶ月半が経ち、執刀させてもらえる手術も増えてきています。
骨折手術は執刀させてもらうことは多いですが、人工関節手術もぼちぼち執刀させてもらえるようになってきました。まだまだ助手の先生にヘルプしてもらいながらですが、少しずつスキルアップしてきているような気がします。
次の学会発表のためのリサーチも地味にこつこつしていたりもします。

ということで、今回はそんなに報告することもありませんが、元気に研修してます。

ではでは☆

北の国から5〜函館編〜

| コメント(0)

ほっかいどうはでっかいど


ーーーも、杉田です。

相変わらず、T先生はアグレッシブに活動されていますね。

うってかわって、

私はというと…

たいへんスローな生活を送っています。

ちなみに今、函館にいます。

北海道は函館
かつては旧徳川幕府軍と新政府軍によって激しい戦いが繰り広げられた五稜郭

の近くにある、道南勤医協稜北病院にきています。
その病院の整形外科の先生がお休みをとられるということで、助勤にきています。
昨日から土曜日までの予定で来ています。
内科がメインの病院で整形外科は1人医師体制のようなので、
午前外来・午後病棟回診てな具合です。
男前病院でもそうでしたが、
札幌の勤医協中央病院の整形外科でも
外来は常に2診もしくは3診体制だったので
困ったらすぐ上級医に聞きにいけるという状況で外来をしていたので、

困った症例がきたらどうしよう…

と、おっかなびっくり外来しています。

でも、とりあえず、今のところ何とかなっています。
たぶん健和会でいうところの戸畑けんわ病院規模の病院で助勤しているわけです。

はい。

とはいうものの、
手術はなく、
外来と病棟だけで緊急入院などももちろんなく、
助勤なので5時には仕事が終わります。

それで…

今日は…

仕事帰りに
函館・元町という
カトリック教会や明治・大正期の歴史的な建造物が残る異国情緒ある町
を散策してきました。
九州でいうならば、長崎みたいな感じですかね〜。

ナポリ

香港

函館


世界三大夜景といわれる函館山からの夜景

をみようと思っていたのですが、本日はあいにくの曇りで霧がだいぶ深かったのでやめました。

残念。

明日は仕事早く終われば
五稜郭に足を伸ばしてみたいと思っています。

こんなこと書くと
T先生から大目玉をくらいそうですが、
今週はこんな感じです。

はい。

でも、本当は
この時間のある期間に論文を1編まとめるつもりで、
たっくさん資料を持ってきているのですが…

おわりそうにないっす(苦笑)

ではでは☆

北の国から4

| コメント(0)

ほっかいどうはでっかいどう。どーも、おはようございます。杉田です。北海道ももう夏です。でも、ムシムシ暑い九州に比べると過ごしやすいです。クーラーなんていりません。道民の方々は今年の夏は暑いと行っておられますが、30年間うだるような暑い夏を経験してきた九州人にとって、今年の夏は人生でもっとも快適に過ごせそうです。

昨夜はけが災害当番日で当直でした。男前病院に来る派手な外傷はやってきませんでしたが、救急車が3台も4台も立て続けにくるような忙しい日でした。札幌とその近郊からけが災害当番病院に集中するのと、暖くなって道民の活動性も上がったせいで、外傷も増えるのでしょう。平日のも関わらず、外来患者も救急搬送患者も多かった夜でした。とにかく見落としがないように患者を急いでみて、所見とって検査して、治療・処方して帰しての繰り返しで、まるで男前病院にいるような錯覚を覚え、なんとなく懐かしい感じでした(苦笑)

さて話は変わって、明日から京都で学会です。骨軟部腫瘍学会というマニアックな学会に行ってきます。どの分野の専門医に関しても、必要な症例数や学会発表、論文提出、教育講演などの単位取得などある一定の必要条件があると思いますが、整形外科専門医をとるのにもいくつか条件があって、その一つに骨軟部腫瘍特別研修会という教育研修会を受けて単位を3単位取得することが義務付けられています。この骨軟部腫瘍学会と日本整形外科学会総会の年2回しか単位取得の機会がないので、今回行くことにしました。今回は発表がないので気楽です。
京都は盆地なのでやっぱり暑いですかね〜。

ではでは。

北の国から3

| コメント(0)

ほっかいどうはでっかい…

どーも杉田です。

北海道の人は広い牧場で育った牛の新鮮な牛乳を飲んでいるせいか、大きな人が多い気がします。僕が小さいのでそう感じるだけかもしれませんが(苦笑)。

北海道も20℃を越える日があり、暑くなってきました。

北九州は梅雨まっさかりでしょうか?

先日会議で北九州に帰ったときには蒸し暑く感じましたが
北海道は九州ほど蒸してないのがいいです。

沿道に咲いている菖蒲がキレイです。

さて、話はかわりますが、土日に旭川で開催された北海道整形災害外科学会に参加してきました。整形外科分野での地方会です。
我らが鬼軍曹T先生はいろんなところで学会発表をされてがんばっておられますが、私というとそもそも面倒くさがりでもあり、日々の診療にも忙殺され、発表まで手をのばす気力も体力も持ち合わせてはおりませんでした。がしかし、今回は指導医の後押しと、さらに今一緒に後期研修を行っている先生も2人発表するということで、私も発表してきました。発表内容は今お世話になっている病院で行った人工関節手術の術後感染についてリサーチしたことを発表しました。いわゆるSSI:Surgical Site Infectionってやつです。
学会発表は初期研修医の時の内科地方会以来で、整形で後期研修を始めてからは初だったので、緊張しましたが、厳しい突っ込みもなく何とか無事終わりました。準備はなかなか大変でしたが、その分いろいろ文献調べたりして、勉強になりました。

そんな学会発表を2週連続でさらりとやってのける鬼軍曹Tはやっぱり男の中の男だと思いました。(拍手×2)

ところで、一昨年、西日本整形災害外科学会(九州での地方会)に行ったときは、演題を聞いていてもよくわからないことが多かったのですが、今回の学会では発表聞いてても理解できることも増えてきてて、私も整形外科医として少しは成長したのかな〜なんて思えたりしました。

それから、整形外科専門医を取得するためのに学会で1発表と1論文の提出が義務づけられているので、もう一回は最低発表しようと思っていますが、学会参加は新しい知識を得るのに加えて、日々の診療を他の医療機関に認知してもらうために発表も大事だな〜と感じました。

あと、T先生も触れられていましたが、先日札幌で臨床救急医学会なるものがあったようで、同期が3人来ていて、吞みましたが、みんなそれぞれがんばっているようで刺激をうけました。

そんなこんなで6月ももう中旬。
北海道生活も残り9ヶ月。
仕事は充実していますが、北海道ライフも充実させたいので、
来週末はお休みもらって知床にホエールウォッチングにいってきます。

ではでは。

北の国から2

| コメント(0)

ほっかいどうはでっかいどーも、杉田です。

5月も下旬に入り、だいぶ暖かくなりました。
先々週くらいから桜もチューリップも水仙もタンポポも春の花という花が一斉に咲き乱れています。
北海道の桜は満開でも蝦夷桜で桜の花に葉も混じっています。
北海道人は花見の時には決まって皆桜の木の下でジンギスカンをしています。
花見の出店でもジンギスカン売っています。
花見会場はジンギスカン祭りです。
でも我が家は子供が小さいので、まだジンギスカンは食べに行っていません。
北海道にいる間に一度はジンギスカン食べに行きたいです。
花見も出来るくらい日中は暖かくなり、朝の自転車通勤も手袋・マフラーは必要なくなってきました。
本当にいい季節になってきました。

ところで、私が住む札幌市はだいたい北緯43°くらいで、北緯33°くらいの北九州よりはだいぶ北にあります。
そのせいか、夜がふけるのも遅いし、夜が明けるのもやたら早いです。
朝4:30頃にはすでに外は明るいです。夜は7時くらいまではうっすら明るいです。
目覚ましを掛けなくても、我が家のカーテンは薄っぺらくよく光を通すので、部屋が明るすぎて、必ず4:30には目が覚めます。何とかがんばって2度寝を試みますが、6時には目が覚めてしまいます。
北九州にいたときは出来るだけギリギリまで寝ていようとしていましたが、北海道では朝が明るすぎるので自然と早起きになりました。
この習慣を北九州まで持って帰りたいですね。

北の国から

| コメント(1)

ほっかいどうはでっかいどう
どーも、杉田です。

ここ何日か暖かかったのにまた寒くなりましたね。九州もちょっとは寒いですか?
自転車通勤していますが、くるぶしソックスだと地肌に直接風が当たって寒いので最近はもっぱら長めの靴下をはいています。
路肩に残った雪はやっとなくなり、来たときには1面雪で覆われていた公園やグラウンドもやっと雪が溶けました。
でも、朝夕は吐く息が真っ白になります。

さて、北海道にきて1ヶ月が経ちましたが、大手町にはない忙しい毎日を送っています。
病院のシステムや電子カルテに慣れるのに大変で、ようやく少し慣れてきたところです。

外来は男前病院にいたときには週1単位でしたが、ここ勤医協中央病院では週2単位持っています。大きな違いは関節リウマチを患った関節症の患者さんが多く、人工関節手術や関節形成術などの手術相談や術後フォローが多いです。当然新患も診ます。週2単位とも午後外来ですが、慣れない疾患を診るので教科書片手に、わかんないことは隣で外来をされているベテランの先生に聞きながら診療を行っています。なかなか定刻5時には終われず、6時過ぎることもあり、外来看護師さんには迷惑かけながらという感じます。それでも、以前研修に行かれていた先輩の先生方の話を聞くと、8時くらいまで外来をしていたそうなので、完全予約制外来になって、だいぶ患者さんは減っているようです。

手術の方はというと、手術日は火曜と木曜でそれぞれ6例から10例手術を行います。時々緊急手術もありますが、基本予定手術です。関節外科、手の外科、脊椎外科専門の先生がそれぞれいるので、今は脊椎と手の外科メインで手術に入らせてもらっています。男前病院では外傷による骨折や大腿骨頚部骨折、大腿骨転子部骨折が多かったですが、こちらでは初めて助手に入る手術も多く、勉強しなきゃなんないことが盛りだくさんです。

そんなこんなで1ヶ月。
わさわさしていてあっという間でした。

T先生を始め男前病院のみなさんもがんばっているので、遠く離れていますが私も負けないようにと思う今日この頃です。
でわでわまた投稿します。

あと、写真のアップの仕方がわからないので、誰か教えてください。

5年目

| コメント(2)

整形外科後期研修中の5年目の杉田です。
男前病院のみなさん、こんばんわ。新1年目のみなさん、はじめまして。
紫川の周りはもう桜が咲き乱れていることでしょうね。
1年目のみなさんはオリエンテーションのまっただ中でしょうね。

私は整形外科後期研修の一環で北海道にある勤医協中央病院に4月1日より配属になりました.

札幌は昨日まで雪が降っていました。路肩には除雪された雪がまだ残っています。夜、車で走ってウインドーウォッシャーを使おうもんなら、フロントガラスは凍って見えなくります。これでもだいぶ暖かくなってきているそうですが、30年間九州で暮らしていた私にとっては、真冬に逆戻りした感覚です。おかげで我が一家3人+1匹はみな風邪を引いてしまいました。春はまだ遠い感じです。

さて、僕らの同期のN井くんはいま震災支援で奮闘されているようですが、勤医協中央病院・整形外科からも4年目の後期研修医の先生も支援に行っています。私も被災地で医療支援を行いたいところですが、赴任したばかりで誰も知り合いのいない土地に家族を残し被災地支援に行くわけにはいかないので、ここで居残り組としてさっそく働いております。

本日は実働初日。午前午後外来した後にけが災害当番日ということで当直中です。
ここでの当直は救急外来は基本的に内科の先生が2人で当直に入られて、walk inと救急車を診ています。私達整形外科医の当直は月2回ある救急災害当番日にやってくる整形患者を診るというシステムです。本日はその当番日で指導医+私+準夜までの5年目後期研修医+3年目後期研修医+整形外科研修中の2年目初期研修医と男前病院の当直体制と比べると本日は豪華メンバーで救急患者を診ています。

そんなこんなで私の院外研修は始まりました。
T先生もsinn先生もブログ更新されてるので、私も北の大地からちょくちょく現状報告していきますね。

でわでわ。

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち07杉田健カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは07乗井達守です。

次のカテゴリは07南陽平です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。