女性医師も奮闘中!!!

ミャンマー渡航記 その3

どもどもH木で。

夜中に書き溜めた記事をUPしていきたいと思います。

 

今回は参加させていただいた団体について簡単に紹介を。

H木がちょっと調べたり、聞いた話なので間違いがあるかもしれませんことを、

先に謝罪させていただきますm(--)m

 

今回参加せていただいたのは

NPO法人  JAPAN HEART

理念:「医療の届かないところに医療を届ける」
設立:2004

代表:吉岡秀人 医師 

H木の母校O大学のご出身です。

 

■活動内容

アジアの途上国へ日本から医療者やボランティアを派遣

診療・手術などの医療支援を実施

・保健活動、医療人材育成支援、養育施設運営、視覚障がい者自立支援、国際緊急医療支援など

 

■活動地

海外:ミャンマー、カンボジア、ラオス、フィリピン、インドネシア、バンコク
日本国内:各地の僻地離島、東日本大震災被災地など

 

非常に多岐に及びますね。

日本を問わず、とにかく僻地というのがテーマなのでしょうか?

 

なんといっても以下が全てを示していると思います

Ø  18歳以下はすべて無料

Ø  18歳以上でも破格の安さで診療

Ø  収益はすべて活動費に

 

 

近年では

「第7回 沖縄平和賞」

「平成26年度 外務大臣表彰」

を受賞されています。

 

H木が参加したミャンマー現地には

国内へき地での研修を積んだ非常に優秀かつモチベーションの高い日本人看護師が約15名ほど?

若手医師が3名(ミャンマー、ラオス、カンボジアを飛び回る方も含む)

ミャンマー人看護師+スタッフ 10名ほど?

ミャンマー人医師2

で活動をされていました。

 

H木はその活動の中でミッション期間と呼ばれる、

予定オペを密集させて行う活動期間に参加させていただきました。

2030タテのオペとか......

 

 

んーーー刺激的だ!!!

 

これはミッション期間の集合写真です。

 

つづく...

 

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、レジデントが2015年2月 6日 09:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ミャンマー渡航記 その2 +α」です。

次のブログ記事は「ミャンマー渡航記 その4」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。