女性医師も奮闘中!!!

ミャンマー渡航記 その1

昨年11月末のミャンマーでの医療活動の報告をするする詐欺になっていましたので、

いい加減に行います。

 

「国際医療をしたい。」

ってのは僕の学生時代に漠然と抱いていた夢であり、


「世界中の子供たちに夢を与えたい。」


これはH木が大変お世話になった、オペ看のマジマさんとそのお子さん


っていうナルシスト的な夢も持っていたわけで、

それを還元できるもっともシンプルな方法が医師になることだと思ったので、

僕は医師になりました。

 

とはいっても日本の地域、僻地医療にも興味はあるし、

変えないといけないことは沢山あるし、

日本もやはり医師は足りていない、

だから男前病院での研修を選んだわけで、学ぶことだらけであります。

 

そんな中、学生時代の夢なんて忘れながら、

医師生活1年半も過ぎていたところたまたまネットサーフィンで見つけました。

 

「短期でもできる国際医療ボランティア。」

気づいたら応募していました。

旅費も全部実費です。そんなのかんけーねー♡

 

と応募したのはいいものの僕はミャンマーについて特にいろいろ知りませんでした。

地理でエーヤワディー川とかいう川がど真ん中に通ってたなとか、

この前まで軍事政権で大変だったとこかなとか、まあそれぐらいです。

 

行くからには目標をと、

「技術革新を遂げた国での医療ではなく、

物不足の途上国での医療を経験し、視野を広げる。

それで現地の方が救われるのであれば、相互利益。」

 

こんなことを考えて臨みました。

これが後でホントになめていたことに気づかされましたが...

 

つづく

 

連投で投稿していきます。

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、レジデントが2015年2月 4日 13:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「皆さんに支えられて」です。

次のブログ記事は「ミャンマー渡航記 その2 +α」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。