女性医師も奮闘中!!!

皆さんに支えられて

| コメント(0)

どぅおもTです。

後3回投稿すると言いながら、

引越しやら救急医療機能評価やら

リフレッシュ旅行中やらで投稿できておりませんでした。

合間を縫って残り3回投稿していきます。

それにしても一気に男前病院のブログが

閑散としていますね。チームの結果報告も

殆どされず、怠慢甚だしいのが気になって仕方ありませんね。


自分の送別ネタばかりですみませんが、

せっかく皆さんにして頂いたことなので、

大分時間差にはなりましたが、載せさせて下さい。


1月22日が最終勤務となった訳ですが、

12月から様々な皆様方にお別れ会をして頂きました。


健和会の古い歴史を知る生き字引のO脇先生。

内科、慢性期、地域の視点だけでなく

僕らの医療に対する姿勢についていつも

学ばせてもらいました。

O脇先生が頑張っているのに若僧のTは

頑張らないわけにはいきません。


男前病院NST。5年半委員長をしてきて、

最初はプレッシャーや知識・経験不足で辛い日々もありましたが、

NSTのおかげで他職種との連携・学習を重視する姿勢を

身に付けることが出来ました。


戸畑共立病院NSTの皆様。

お互いにいい刺激を受け合い、

院内だけでなく、地域を盛り上げる

とても良い関係を築けました。


感染症科hayassii先生

このお方の泌尿器科から感染症科、

トラベルクリニックの開設等々。

そのモチベーションと謙虚な姿勢には

いつも学ぶことばかりで、Tは頭が下がりまくりで

色々なことをお手本にさせて頂きました。


外科スタッフの皆様。

外科で手術手技や外科医としての姿勢の

学びから始まり、

そしてERに飛び出し、

兼任という形で自由にさせてもらっていましたが、

先生方のご理解・ご指導があったからこそ

世界が広がりました。

おかげで比較的手術やIVR等の手技を含めた

オールラウンダータイプに育ったと思います。


そしてERの皆。

写真に載っていない方々もいますが、

学習会への積極的な参加や自己学習のおかげで

今まで以上にチームワークが円滑に

現場の仕事が出来るようになりました。

皆のおかげで次の職場でも色んなことを踏襲できます。

ER送別会に来てくれた検査科の皆さんも有難うございます!


内田産婦人科の内田先生と

男前病院のS木先生。

産婦人科研修は研修医2年目の

3ヶ月しかなかったのにずっとお世話になっております。

内田先生の自家製手打ち蕎麦は

超旨です!




ここには載っていない沢山の人たちにも

本当に本当にお世話になりました。


Tの基本スタンスは、


「攻めて攻めて攻めまくれ!攻撃は最大の防御なり」


であり、医者になってからほぼそのスタンスは

変わらないのですが、

Tが攻め続けられたのも、本当に多くの皆さんに

支えられて、攻めの方向をそんなに間違えずに

突き進むことが出来たからと思います。


日々それを感じてはいましたが、

この数か月間は更にそれを強く実感しておりました。

おかげで環境がどんなところでも

ぶれない揺るがない幹を育てることが出来ました。


後2回、引き続き長文になると思いますが、

ブログ投稿も皆さんへの感謝の気持ちの一環ですので、

どうぞお付き合いお願いします!

コメントする

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、レジデントが2015年2月 3日 17:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「1月も後半」です。

次のブログ記事は「ミャンマー渡航記 その1」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。