女性医師も奮闘中!!!

2013年9月アーカイブ

すんごい台風が来ましたね。

日本のど真ん中を堂々と通り、

結構色んな所で大打撃。

親戚が結構いる桂川付近も数十年に一度の氾濫...。

しっかり常日頃から災害の備えが大事ですね、Tです。

 

9月14日は、男前病院の院内の医療活動交流集会がありました。

院内のそれぞれの部署で発表をすることで、

学術レベルを高めつつ、

それぞれの部署が何を頑張っているかを知り、

お互いにより連携を深めていこうというものです。

 

年々質が高くなってきており、

医師以外の学術的活動へのモチベーションも

高くなってきていることが感じ取れました。

 

特別講演では、

2月に東京でTが参加した講習会で、

お世話になった大生先生を招聘して、

「医のプロフェッショナリズム」について

アツくレクチャーしてもらいました。

 

医というプロフェッショナルは、

社会との相互の契約であり、

独占業務としての免許、報酬を与え、

質の保障、利他的な奉仕、道徳心、誠実さを

公約するというものである。

 

患者にたいしてだけでなく、社会にも責務を負う

正義の立場である。

 

医師は、

正解はないが一応の結論はださなければならず、

マニュアルにないものをその場で示せなければならない。

両価性に耐えてこそのプロフェッショナル。

 

きっかり嵌まってしまうより、

曖昧なことを受け入れられることの方が大事。

 

それ以外にも専門職連携での

ノンテクニカルスキルの重要性として

状況認識、意思決定、コミュニケーション、

チームワーク、リーダーシップ、ストレス・疲労管理

についての内容もあり、

とても充実した内容でした。

 

その場にいた職員も多くが

これからの業務に対しての

モチベーションを上げてくれたと思います。

 

医療に従事することは、

とても重い責任のあることです。

その分、ストレスも溜まり、辛い思いもあるかもしれません。

それをやり甲斐と感じれたら、

本当に面白く、充実したものになります。

 

Tも日々医療をやり甲斐のあるものとして、

己の正義を探し、前進していきます!

 

実行委員会委員長のTスク先生、

お疲れ様でした~。

 

9月

| コメント(0)
といえば、Septemberですね。記事を見ている人たちの世代としては
♪Do you remember ,the 21st night of setember
ってかんじですかね。それとも♪すみれ September Love

の方なのでしょうか。

さて、いつもの雑学のお時間です。
もう9月です。3月から数えたら7番目の月ですよ。なのでSept(7番目)ということで、Septemberになったようです。ちなみに、来月10月は同じ理論で、Oct(8番目)なので、Octoberらしいです。
Octの他の例としては、ド~ドまで8音あるので、音楽の1オクターブって言われるOctave、足が8本あるからOctopus(タコ)などなど。

英語は接尾語・接頭語さえ覚えたらだいたい意味はわかるというのはほんとその通りだなぁと思います。

個人的におすすめなのが、

『トシ、1週間であなたの医療英単語を100倍にしなさい。できなければ解雇よ。』


という医学英語用の単語帳というか、その区切り方(接頭語・接尾語)を教えてくれてる本で、結構物語風で読んでいておもろかったりしました。

雑学講座はここまでにして昨日と今日・久々に6年間通った佐賀に戻ってきました

男前病院は全国組織の病院の1つで、他に福岡に2つ基幹病院あって、その関連で佐賀の学生に「研修医生活どうよ?」っていうのを語って欲しいという依頼を受けて行ってきました。

久々の佐賀。卒業してから顔出してなかったから半年ぶり。たった半年なのに「変わってないなぁ」って言ってるあたりにもう北九州市民としての自覚が出てきたんでしょうか。

学生さんたちがこの夏学んだことの発表とか聞いてて、しみじみすげぇなぁって感じてました。低学年の子なのに「終末期医療」について考えたとか、「医療と孤独」についてとか、勉強熱心で、色んな所にアンテナはって頑張ってる学生さん見ててこっちも元気出てきました。

他の博多にある病院で働いてる同期と久々に喋ったり、大学病院で働いてる同期としゃべったりと他の病院がどんなことしてるのかというのを知ることができて、うちの病院のありがたみ・改善点など色々また明日からの医療に活かせるポイント見つけてきました。

久々に北九州から離れて気分もリフレッシュ。また明日から頑張れる気がします。

地元の学会で救急アピール

| コメント(0)

 

2020年のオリンピックが東京に決まりましたね。

責任ある対応を2020年までに日本全体で取り組んでくれることを願います。

東京になってしまったのだから、

しっかりと景気がそれまでに良くなり、復興もしっかり出来て、

日本全体がハッピーになればOKと思いますTです。

 

さて、9月7日は北九州で第32回福岡救急医学会がありました。

北九州市立八幡病院の市川光太郎院長が会長でした。

 

テーマは、

多職種協働チームによるシームレスな救急医療の実践に向けて、

ということでしたので、Tはしっかりシンポジストとして発表して参りました。

お題は、

「多職種連携チームによる既存システムでの

多発外傷患者に対するハイブリッド手術の検討」。

長いお題で申し訳ありませぬ。

ちゃんとシームレスな環境での多発外傷の良好な成績をアピールしました。

 

それ以外にも、

M田、Hトリの発表や、

脳外科のS山先生、N上先生の発表、

ER看護のIデオさんの発表、

男前病院院長の座長等々

しっかりと地元での救急アピールができた学会だったと思います。

 

学会で発表する意義として、

個人の学術的スキルをあげることだけでなく、

施設のアピールが結構大事になります。

ましてや地元開催の場合は尚更です。

 

次回の福岡救急医学会は

済生会福岡総合病院が主催で福岡市開催です。

 

そろそろ男前病院もやらなきゃいけなさそうだけど、

どうするのかなぁ...と思うTでした。

攻めるER診療

| コメント(0)

どんどん冷えてきましたね。

本来なら涼しいはずの気温が、

あまりの猛暑だったためか、少し寒い印象。

残暑は時間差で来るんでしょうね。

9月からは自分でも恐ろしいくらいイベント目白押し...

潰れないように頑張ります、のTです。

11月までに投稿200回いくか!?

 

8月31日に産業医科大学で勉強会がありました。

学生中心に救急関連の医療セミナーが組まれました。

ちょこちょここのブログに登場してます真弓先生が

産業医科大学の救急講座の教授になってから勉強会が盛り沢山です。

 

学生時代に同級生だった現在藤田保健衛生大学救急総合診療科教授の

山中克郎先生を招聘して、攻めるER診療について

診察を含めたレクチャーをしてくれました。

 

九州山口の医学生中心にかなり多くの人が参加していました。

闘魂外来といい、最近の医学生さん達は、

医学・医療に激アツですな。

 

山中先生、本当に進行が上手で、

救急の知識もさることながらレクチャーの仕方も

勉強になりました。

 

皆、山中ワールドに引き込まれていました。

診察中の皆の食い入る様な視線!

流石です。

 

自主参加形式を混ぜつつ、

伝えることはしっかり伝える。

これから自分もそれをより意識した学習方法、教育方法を

身に付けていきたいと思いました~

 

にゅ~静脈経腸栄養ガイドライン

| コメント(0)

どぅおもTです。

気付けばあっという間に9月ですね。

やっと熱中症も納まりそうな気温になってきましたな。

逆に気温が下がると、気分が落ち込むのか、

自殺未遂が増え、外傷患者が増えます。

皆さん、飛び降りないようにメンタルケアをしましょう。

 

さて、8月27日は月1回のNST勉強会のメタボリッククラブ。

 

年に1,2回はTが発表するように心掛けています。

今回は、5月に発刊された静脈経腸栄養ガイドラインについて。

 

ここ最近はガイドラインの時代。

ガイドラインを知らないでやるのと、知ってやるのでは、

後のことが全然対応が変わります。

 

そこで、数年ぶりにNST関連のガイドラインが改訂になり、

自分なりに分かりやすく解説しました。

大分、ガイドラインとして質が上がっていて、

編集著者の意気込みがビシビシ伝わってきました。

 

エビデンスを重視した推奨度が分かりやすく記入されており、

大分、臨床での立ち位置が明確になりました。

 

医師はEBM関連の知識を身に付ける機会が多いですが、

その他のコメディカルは全体的にはそんなに学ぶ機会は多くありません。

ガイドラインとは何か、推奨度をどのように捉えるか、

臨床でのガイドラインの考え方はどうするのか、

等を含めて、臨床に直ぐに関わりそうなポイントを説明しました。

 

参加人数は80名弱。

例年に比べると集客悪し。

ガイドラインと聞くとやはりコメディカルには苦手意識があるか。

しかしながら、今後は看護師、薬剤師、管理栄養士も

どんどんチーム医療が重視されている昨今ですので、

質を維持するためには、ガイドラインがどうって?なんて

知らん顔は出来ません。

 

ガイドラインが全てじゃない、

けど知っとかないといけない、ってのを皆さん少しでも

感じ取ってくれてたら有難いなぁと

思い、汗だくで講義をフルパワーでして終えました~

 

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、2013年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年8月です。

次のアーカイブは2013年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。