女性医師も奮闘中!!!

2011年10月アーカイブ

青木ワールド

| コメント(0)

またまた当直中のTです。

今日は北九州の総合診療研究会で
かの有名な青木眞先生が小倉に
来てくれていたので、ついでに
当院にも勉強会の前に寄ってもらいました。

IMG_1349.JPG

当院の症例プレゼンを行って
青木先生にレクチャーしてもらいました。
色々な豆知識が溢れ出て
さすがやな、と感心しっ放しでした。

研修医だけでなく、
内科・外科医師も多く参加し、
皆様青木ワールドに魅了されていました。

IMG_1350.JPG

知識もそうだけど、
やはり話し方がとても魅力的でした。
この後にティアニー先生も北九州に来てくれ、
小倉の街で盛り上がったそうです。

最近の流れを振り返ってみると
うちの病院、実は
学習会、講習会等々結構充実しているんじゃないか?
と感じたTでした。

半日凝縮

| コメント(3)

最後は29日に
午前は外来しつつ午後は
第14回北九州・山口PSLS/ISLSコースを
当院で行いました。

脳卒中初期診療コースで
それの呼吸・循環管理ブースの
ブースリーダーをしました。
いつもこのブースは試行錯誤しながら
やっているのですが、
今回は受講生からの反応はまずまず良かったかと。

IMG_1348.JPG

BLS、ACLS、JPTEC、JATECと違って
半日コースなので凝縮して
受講生にポイントを伝えないといけません。
なかなか難しい事ではあるのですが、
受講生の反応を見ながら調整できるので
こちらも毎回毎回新しい事に挑戦できます。

あっ、ちなみに御報告が遅くなりましたが
無事に救急専門医試験受かりました♪
1月から晴れて救急専門医です!

感情論

| コメント(0)

どうも、Tです。
当直明け座長に続いて
28日は日帰りで池袋に行ってまいりました。

とある集団の全国学術運動交流会で
発表してまいりました。
内容としては災害拠点病院として
当院が果たせる役割的な内容で、
当院の救急医療・災害対策の現状について
アピールしつつ、災害の時は
ヤル気だけではダメですよ、
ちゃんと最低限の知識を持っていないと
ダメですよ、という課題を会場に伝えました。

坂総合病院のS木先生も、
今回の災害を経験しての発表をされました。
相変わらず、会場の心を掴むのが上手い。
というか、講演しまくって
以前よりも上手くなっている…。
負けられん。

他の発表はと言いますと、
感情論が前面に出過ぎていて、
具体性に欠けており、
殆ど面白味がありませんでした。

ん〜、もう少し全国の交流会なら質を高めないと、
やっていても意味があまり無いような…。

発表を終えてからは
S木先生と甘味を口にしながら
今後の災害部門の立ち上げ等について
盛り上がりました。

me%26ssk.jpg

東日本にもアツい闘志を持った人が
いてくれることはとてもヤル気が出ます。
今回の震災は悲劇的ですが、
このような繋がりが生まれたのは大きな財産です。

感情論に振り回されずに、
どんな人でも納得できるような
客観的データを含めた
頑丈な土台をこれから地道に
災害部門に関して築いていきたいと思います。
まだ道程は遠いけど、同志がいれば
そんなに遠い未来では無いかな!?

さすがに疲弊した中での日帰り東京は
きつかった…。

当直明け座長

| コメント(0)

kaijyou.JPG

どうもTです。先週後半は大忙しでした。
連発して投稿します。

まずは27日。
26日に当直あり、27日昼間は手術2件。
ダッシュで仕事終わらせ、
夕方はCPCRセミナーの外傷症例の座長。

CPCRセミナーは
年に数回開催され、当番制で、
今回僕らの病院が当番になりましたので概略を。

まずCPCRセミナーとは
一つの症例に関して、
病院前の経過、プレゼンを担当の救急隊が、
病院搬入後の経過、プレゼンを担当の医師が行い、
その症例の病院前、後の何が良く、何が反省・改善すべきだったかを
協議し合うセミナーになっております。

まずは我らが親分、H中先生が座長で
3年目OGTがVf症例の社会復帰した症例の発表。

ogt.jpg

内容、プレゼン能力も含めちゃんと成長しておりますな。
続いてK木田先生が座長で
4年目MJが当院での墜落分娩および市内での産科の現状。

matsujyun.jpg

KKD.jpg

いやぁ、S木部長も途中でコメントしてくれ
アツい内容となりました。
最後に僕が座長で4年目M田が高齢者外傷の発表。

MMd%26TRSK.jpg

セミナー前の準備資料見た時は、
この内容では流石にまずいだろ!
と思っていたけど、まずまずの発表になっていたので安心。
ロード&ゴーの共通言語を使って、
救急隊と医師だけでなく、看護師・事務も
全員が重症外傷の認識を高めて、
外傷チームをより活用していきましょう、と締めました。

最後に当院形成外科I井副院長の創傷含めた
形成外科の講演をしてくれ、
大変充実した内容でセミナーが終わったと思います。

その後の懇親会でも救急隊、他院の先生たちとも
交流できました。
いやぁ、当直明けだったけど、無事に終えて安心しました…。

隣の芝生は青い

| コメント(3)

Tです。

救急医学会の余韻に浸りつつ、
21日は我らがN井が夏季休暇を使って
男前病院に1泊帰ってきてくれました。
7月からニューメキシコ大学のER研修に行って、
早3ヶ月。短期間でありますが
物凄い濃い研修をしているようです。

夕方に
①ICUでの全身管理について
②ニューメキシコ大学での研修について
レクチャーしてくれました、

が、僕は残念ながら緊急手術が入ってしまい、
聞けずじまいでした…。
残念。

貴重な休暇を使って帰ってきてくれ
とても有り難いことです。
いい刺激を病院全体に与えてくれました。

レクチャーは聞けなかったけども、
懇親会は海外留学について等で
盛り上がりました。
外傷患者も日本では比にならないくらいに
バンバン来るらしい。
話を聞くだけで楽しそう。

%BE%E8%B0%E6%A4%C8%BA%C6%B2%F1.jpg

ん〜、自分もやはり海外留学…してみたくなってきた。
頑張って英語勉強しないとなぁ。

再会

| コメント(0)

おっと、投稿忘れてました・・。

今日はN井と久しぶりの再会。アメリカで大車輪級の活躍を見せる彼。オペ開始直前だったけど、集中治療室に現れているとの情報を察知しそっと覗いてみる。

いた。

変わらない戦友との再会、そして抱擁、そしてアイコンタクト。

わずか20秒。これで十分。

さて手術に臨もう。

今日はN井の講演会。

行岡イズム

| コメント(0)

どうもTです。
最近、CPA・外傷チーム呼び出しが増えており、
チームメンバーがやや疲労蓄積中です。
疲れる分、必ず身に付きますんで皆様頑張っていきましょう。

さて、今週は18日から20日まで
新宿で日本救急医学会総会・学術集会がやっておりました。
今回は久々に発表せずの参加のみで行ってきました。

当院からは、全く直前まで気付かなかったのですが、
外傷学会でも発表参加した産婦人科K木田先生が
ポスター発表していました。

karakida.JPG

他にも脳外科部長が当院頭部外傷についての
発表をされておりました。

sinn同期で現在聖路加後期研修中のH間も発表していました。
honnma.JPG
来年からディズニーランド近くに新設された
病院で働くそうです。

そして現在日本医科大学北総病院で活躍している
M村先生、今回は一般演題発表の他に、
何とランチョンセミナーで発表されておりました!

motomura.JPG

ドイツに数カ月留学していたので、
ドイツの交通事故、日本の交通事故の比較を
分かりやすく講演してくれました。
調査の仕方や重症度の違いについて等。
1時間近くの講演でしたが、
とても面白かったです。
ん〜遠い所に行ってしまわれているなぁ。
自分も頑張らねば。

今回は、
災害関連の発表がかなり多かったため、
教授クラスの有名な先生たちも
ポスター発表させられており、
普段のポスターと比較して何だか
異様な雰囲気でした。
逆に言えば、ポスターの内容も
普段よりも面白いものが多かったような印象でした。

また、日本でのAcute Care Surgeonを如何に育成するか
というのが、メインの話題で盛り上がっていました。
ここ3,4年で普及してきたAcute Care Surgeryという言葉。
外傷、救急外科、集中治療の3本柱に関して
どうバランス良く学ぶかということを
色々な施設がアピールしていました。
当院ももう少しシステムを整備したら、
全国の施設に負けないと思うんだけどなぁ。
来年以降頑張って、システム作り、プログラム作成を
やっていきたいと思います。

今回会長でありました
東京医科大学院長の行岡哲男先生の
会長講演を聞いたのですが、
哲学と救急医療を織り交ぜながらの講演内容で
非常に面白かったです!
最近巷で流行りのZenn的なプレゼンでは無いのに、
かなり面白かったです。
スライドがどちらかというとかなり拘っていて、
そういうやり方もあるのだ、と感心させられました。
さすが、外傷外科医のバイブル
「トップナイフ」の翻訳を手掛けた先生!
行岡イズム、勉強になりました。

来年は京都で開催。
やっぱり参加だけだと、切なくなるので
来年は必ず発表参加しようと
心に誓ったTでした。

コスモス街道

| コメント(2)

station%20mito.JPG

どうも、最近sinnがあまり投稿してこず
ちょっと寂しいTです。
皆さんもっと投稿していきましょうねぇ。

さて、今週は大忙しですが、
10月15日は水戸にEDLSに行ってまいりました。

世にはMCLSやらNDLSやら
色々な災害コースがはびこっております。
でもなかなか地域では
開催される機会が少ないため、
今回のコースも結構需要があってびっくりしました。
医師は3人でしたが、
看護師や救急隊等併せて
70人弱の参加がありました。
医療事務の方の参加もあって
災害対策への意識が強いことが伺えました。

mito%20triage.JPG

今回も無事に終わり、皆さんにも好評だったようです。
今度は12月にまた横須賀で開催されますので、
お近くの方は是非参加されてみて下さい♪

地域開催の希望が多く、
2012年はかなり回数が増えそうです。
福岡でもやるそうなので、
また決まり次第、宣伝させて頂きます。

そんなこんなで水戸から帰って
何とか秋を感じようと
夕方日も暮れそうでしたが、
若松のコスモス街道に満開の
コスモスを見に行ってきました。

cosmos%20street.JPG

忙しくても季節は感じておきたいですな。
夏はいつの間にか終わっちゃったからなぁ。
良い気分転換になりました。

ダメージコントロール

| コメント(0)

最近体重増加が気になり、
ご飯のおかわりを極力控えるようにしているTです。

10月8日に男前病院OBであります、
N嶋先生が外傷手術の学習会をしてくれました。

N嶋先生は、男前病院で
僕の比でないくらいに鬼軍曹として
以前、男前病院を引っ張っていた一人であります。
僕は学生の頃、
鬼神のようなN嶋先生に憧れて
男前病院に入職しました。

そんなN嶋先生は現在、大阪の大学病院で
救急科、心臓血管外科として頑張られております。
今回、大手町の外傷診療のレベル向上に
貢献したいと、夏頃に話の流れで
今回の話題が出て、わざわざ
大阪から貴重な連休に
学習会を開いてくれました。

JATECではどうしても
外傷初期診療の一般的なことしか
教わりません。
その先の治療に関しては
なかなか教わる場がないので
今回はとてもいい勉強になりました。

%B1%CA%C5%E8SSTT.jpg

主に、外傷での手術の戦略・戦術に
関しての講義をディスカッションを交えて
行ってもらいました。
当院の外傷に関る看護師、
医師が学習会に参加し、
皆、楽しそうにしておりました。

ダメージコントロールの決定、
ショックの離脱までの時間の短縮化…

今まで自分が関わってきた外傷患者を
頭の中に浮かべながら
色々と良かったところ、悪いところ
を考えさせられました。

重症多発外傷患者は、一歩間違えれば
直ぐに死に至ってしまいます。
今回の学習会のおかげで
改めて、外傷手術に対する興味を持ち、
男前病院の外傷診療体制の見直しも
考えていきたいと思いました。

数年経っているのに
相変わらず、アツい先生で
攻めの姿勢は変わっておりませんでした。

攻撃こそ最大の防御なり!
今週もまたいい刺激をもらいました。

侵襲期の栄養療法

| コメント(0)

この頃忙しすぎて
病院にいるのか、どこにいるのか
よく分からなくなるTです。

9月30日は、NST委員会特別講演2011年度第2弾、ということで、
筑波大学消化器外科教授の寺島秀夫先生を招待しました。

以前にもお話した通り、僕の母校の先生であり、
僕が栄養に興味を持つきっかけになった方です。
秋田大学を首席で卒業し、
その後10年以上民間病院でバリバリ手術ばっかりやって
筑波大学の消化器外科にスタッフとして入局された先生です。

物凄く勢いのある先生で、
食道外科、侵襲期の栄養療法を専門として
臨床、動物研究を行っております。

今回は侵襲期の栄養療法をテーマに
1時間半程度の講演を行ってもらいました。

・Harris-Benedictの公式は明確なEvidenceがありませんよ、
・糖毒性があるから血糖は200以下にしなければいけませんよ、
 ただし下げ過ぎるのも良くないですよ、
・血糖コントロールを無理やりよくするだけじゃなく、
 侵襲期はカロリーも無理やり入れるのも実は良くないですよ、
という最新の論文を織り交ぜながら
分かりやすく講演してもらいました。

いやぁ、とても面白い内容でした!!
頭の中の侵襲期でモヤモヤしていたことが
かなりスッキリしました。
遠方から北九州まで来ていただいた甲斐がありました。
本当に心から感謝しております。

講演が終わって、院長とTとでスリーショット。

%BB%FB%C5%E7%BD%A8%C9%D7.jpg

講演後の懇親会でも外科の最新の研究について
色々お話を聞かせてもらい、大変魅力溢れる内容でありました。
僕が初期研修医の時からNSTをやり始め、
寺島先生を男前病院に招待することが
一つの目標でしたので、今回それを果たすことができました!!

また新たな刺激をもらい、
次へのステップを踏み出せそうな気がします。

忙しい日々でありますが、
常に刺激を受けるこの環境にいられるからこそ
攻めの姿勢でいられるんだと思います。

9月に引き続き、
10月も11月も暫く怒涛のように外でのイベントが多く、
四苦八苦なり…。
随時更新していきます!

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、2011年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年9月です。

次のアーカイブは2011年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。