女性医師も奮闘中!!!

新年2度目のICU当直

| コメント(1)

今夜もICU当直・・。しかし3連休の最終日で、北九州市の成人式も昨日終わっており救急外来はひっそりしています。噂によると日中は忙しかったみたいですが。集中治療室の患者さんたちも大きな変化なく、明日の朝を迎えることができそうです。

2011年も10日が過ぎました。そもそも正月を実感するのはポストに届く年賀状を手に取る瞬間と、新聞のTV欄を眺めたときぐらいでしょうか。しかし10日も過ぎれば1年を通じて唯一活躍の場を見せていた葉書たちも身を潜め、ブラウン管の中で賑わいを見せた正月特番も一段落し、また普段の日常の訪れを迎えます。
僕は特番は見なかったものの、大学生や高校生のスポーツはついつい観てしまい、バレーにサッカー、駅伝と、今年も多くの感動や勇気をもらいました。やっぱりスポーツは良いですね。大学にいたときには「体力を磨くことが医者になっても役立つ!」と何かの迷信かのように、それだけを部活の位置づけにしていましたが、チームにおけるそれぞれの役割を知り、協調性を磨きつつお互いのコミュニケーションを図る、さらには縦のつながりや横のつながりを育むとともに、その中での個人の振る舞い方を学ぶなどなど、部活は社会を有意義に生き抜いていくための様々な要素を兼ね備えていたように思います。
僕は大学ではバレー部に軽音楽部、現代音楽部、そして国家試験対策委員会といくつか兼部していました。今でもそれぞれの部活の先輩や同期・後輩とも繋がりがあり、医者になってもその繋がりは活きています。

昨日は春高バレー決勝、今日もサッカーの高校選手権決勝で高校生の悔し涙や嬉し涙を眺めつつ、心地よい切なさと懐かしさを感じていました。

そろそろ春の訪れも近そうです。

コメント(1)

スポーツは見るのも、するのもどちらとも悔しい思いをしたり希望がもてたり、感動しますよね。
先輩と後輩のつながりやチームワークなど大切なことが身をもって体験できたり。
日ごろの勉強も大事だけどスポーツを通して学べることもたくさんありますね☆それに体にもいい!

話は変わりますが、今年はお正月から天気がスグレズ成人式も残念な天気だったみたいですね。寒かったし。

今年もブログ更新楽しみにしています(^ー^)

コメントする

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、レジデントが2011年1月11日 00:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「book9」です。

次のブログ記事は「book10」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。