女性医師も奮闘中!!!

book9

| コメント(0)

新年あけましておめでとうございます☆ことしもブログファンの方、よろしくお願いいたします。
今年の目標は、第3者的視点からの慎重かつ大胆なアプローチです!と言っていた人がいましたが、それってどんなアプローチ??と考えてしまいました(笑)

さて、2011年1冊目は『これから「正義」の話をしよう〜いまを生き延びるための哲学』マイケル・サンデル著 です!
もうご存知の方も多いでしょう。そう正義の講義です!ハーバード大学で政治哲学を講義し、講義受講者数の歴代記録を塗り替え、それまでタブーとされていた講義の公開に踏み切った型破りな先生です。しかしサンデル先生の講義の進め方が何とも素晴らしい。聴衆から意見を抽出し、それらを集約しながら同時に討論させつつ進行していく。決してサンデル先生は結論を言わない。疑問を投げかけながら方向つけていく。
東大で特別講義がありましたね。TVで見ましたけど、どっかの学校の先生とか多方面の方々が聞きに来ていたようです。哲学的な勉強以外にも、プレゼンテーションや講義、司会進行のお手本にもなる講義です。

さて、でこの本を買って読んでみたんですが・・。僕にとっては何とも難解な内容でした。全部が難解なわけではないですが、TVのように分かりやすく書かれてはいなかったです。最初はTVと同じようにスムーズに読めるんですが、サンデル先生も書いているうちに哲学書の雰囲気に踏み込んだのか、そのうちもろに哲学の世界へ誘われます。

ってことで、僕はDVDBOXを買っちゃいました。しかし、全7巻計800分超えの大物・・。いつ見終わるのやら。見終わる頃にもう一度本にチャレンジしようかな。   続

コメントする

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、レジデントが2011年1月 7日 11:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ベスト2010」です。

次のブログ記事は「新年2度目のICU当直」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。