女性医師も奮闘中!!!

2009年9月アーカイブ

そのまんま 宮崎

| コメント(0)

 こんにちは。TNT研修(栄養療法の勉強)で宮崎に2泊3日で研修に行って来ました。
宮崎といえば、「南国、青い空、まぶしい太陽(秋ですが・・・)」。期待して、飛行機で宮崎入りしたのですが・・・実際は、夜9時着、小雨降る中での到着でした。ホテルは年季が入っていて・・・テレビが、ブラウン管、地デジ対応なく、民放は2チャンネルのみ。有料放送は10分100円、カード式ではなく、その場でテレビに100円入れるというシステムでした。
 研修前日から、街に繰り出します。今回の相棒はO方先生です。なかなかおしゃれな居酒屋で2人で飲みました。(参考までに西橘通の「和音」というお店です)宮崎の焼酎は、トックリで出てくるんですね。ロックで頼んだのですが、トックリいっぱいの焼酎と氷が出てきました。日本酒と間違えたのかと思ったよ。料理もおいしく、テンションの上がる宮崎前日入りでした。
 さて、肝心のTNT研修の内容ですが、「とにかく経腸栄養が大事、禁忌がなければ、なるべく早く、腸を使う。」ということを繰り返し強調していました。施設からの熱発患者さんを、絶食・内服中止で入院してもらうことが多いですが、(翌日腹部エコーのオーダーしていたりすると、都合はいいのですが・・・)ちょっと怠慢なのかもしれません。個人的にも、いくつか新しい知識を手に入れる事ができましたが、O方先生のほうが勉強になっていたようです。自分が、なんとなく2年半かけて学んできたことを、改めて復習して、更に理解した意味でも有意義であったし、O方が2日間で栄養療法をまとめて勉強できたということも、意味があったように思えました。どっちが良いかは、よくわかりません。

 ちなみに、会場で、ボクにガンたれている女がいて、目があったらニッコリされたので、なんか気持ち悪く思っていたら、熊本の八代で薬剤師をしている従姉でした。勤めている病院でNSTに入っていて、研修に来たようです。ドクターがNSTカンファに来てくれないとの事で、苦労しているようでした。ちなみに33歳独身、彼氏募集中との事です。なかなか、彼氏出来ないだよね。

繁盛

| コメント(0)

こんにちは。またまたまた実家支援中のM口です。

今日は朝6時に起きて荷造り・身支度・7時のSニックに乗り、実家について代診しています。前回と違い、午前外来は23人の受診があり忙しかったです。新患さんは2人でしたが。午前外来がほぼ時間内に終わり、達成感に浸っていたら、まだ午後の予約が18人いるという事実を告げられました。ゲンナリしています。前回、患者さんが少なかったので、少し心配していましたが、しばらくは繁盛しそうな気がします。

午後外来が18時まで。夜間透析の方が帰られるのは22時。今日は長い戦いが続きます。

またいつの日か

| コメント(2)

お久しぶりの本間です。
前回のM口先生の記事に書いてあるとおり、先日健和会大手町病院での勤務が終了しました。
今日は引越です。ぎりぎりまで仕事だったからお任せパックでお願いしたら、当日本当にやることがなくて、業者さんのジャマにならないように部屋の端っこでこそこそ記事を書いています。
さて、2年半という短い期間でしたが同期にも恵まれ、本当に充実した研修をすることができました。関係者の皆様、本当にありがとうございました。2年半を振り返ってよかったことは
1.やりたいことをさせてもらえた
これは、外部にでた先生からもよく聞きますが、本当にその通りだと思います。ここまで診断から治療計画、退院後の医療資源の活用まで自分で考えることができる(もちろんバックアップつきで)病院もなかなかないと思います。また、自由に自分のやりたいことを研修に組み込めるので将来像を見据えた勉強ができました。細菌室とか心エコー室とかも研修しましたが、ベッドフリーで研修させてもらえることはなかなかないですもんね。手技的にも多くの経験を積むことができました。2年半で救急専門医の必要な手技を全てと経験が望ましい手技の約8割を経験することができました。
2.シニアレジデントという制度
シニアレジデントがしたくて、次の勤務先の上司にお願いして4月の異動を半年延長してもらっていたんですけど、本当によかったと思っています。後輩の指導を通し自分も勉強し、かつ今回は記録に残るものをしようとの試みで朝カンファの司会、大手町レジデントマニュアルの原案、リサーチにも挑戦させて頂きました。シニアだけでも大手町に残る意義は大きいと思います。ジュニアだったM春、Y本には今後の活躍を期待してます。頑張ってね。

次は都内の某救命センターで後期研修医として勤務します。大手町で培ったものを少しでも活かせたらと思っています。

色々書きましたけど、一生会えなくなるわけでもないし、縁は残るわけですから。皆さんまたどこかでお会いしましょう!同期の連中は今日は飲み明かしましょう(笑)!!

さよなら、H間先生。そして告知。

| コメント(0)

今夜は当直中のM口です。
昨日は2年半一緒に働いた同期のH間先生の最終勤務(もちろん当直)でした。10月から東京の病院で勤務するそうです。そして今夜は彼の送別会が行われているとのことですが、誘われず。当直だから誘われなかったのかな?今夜の当直は少し重症が多いように思えます。

そういえば、ERの冷蔵庫に「H間先生へ」と書いたケーキが入ってました。おいしそうだったのでひとつ食べました。

話は全然変わりますが、
2009年9月29日20時頃よりボーリング行こう!みんなで行こう!
ご連絡お待ちしております。

もちろんsecondary surveyの勉強会(1730〜14F)の後に。

新患さんいらっしゃーい

| コメント(2)

 今日も田舎の泌尿器科クリニック支援中のM口です。
 今のところ11人しか来院がありません。仕事がないと落ち着きません。ですが、数が少ない分、時間を掛けることができるので、丁寧な仕事(近医へお手紙を持たせたり)を心がけています。
 
 泌尿器科では検尿がルーチンです。尿定性検査で尿糖を見るだけで糖尿病を疑えます。今回の支援で2人糖尿病を見つけました。おしっこの回数が多くて困っているから泌尿器科に来たとのことですが、話を聞くと、のどが渇くのでお水をたくさん飲む、そしてトイレに何度も行くとのことでした。泌尿器科には意外と内科疾患が紛れ込むようです。

 近医にて足の浮腫みでフォローされている患者さんに出来心でTSH測ってみたら高値でした。泌尿器科には意外と内科疾患が紛れ込むようです。

 病気見つけては丁寧に近医に紹介して、年に1回は当院でPSAを測らせてもらう。そういう良好な関係を築いていくことが、開業泌尿器科医には大事なようです。

 新患さんいらっしゃーい。
 
女性は20歳過ぎたら年に1度婦人科へ。
男性は50歳過ぎたら年に1度泌尿器科へ。誕生日の前後にどうぞと薦めています。

PSAは泌尿器科医にはからせてください。

隠居生活

| コメント(2)

こんにちは。実家を手伝いに田舎へ帰っているM口です。
食堂のおばちゃんの作る昼ごはん・夕ごはんを毎日おいしく食べています。
医◎めしよりもはるかにおいしいです。

患者さんは予約をあまり入っていなかったようで、閑古鳥が鳴いています。
今日はまだ4人しか診ていません。

朝7時におきて、開院準備、午前は外来と透析回診をして、昼ごはん。
午後は時々来る患者さんを外来で診て、透析回診をして、夕ごはん。
その後夜間透析回診をして・・・閉院は22時です。

時間は長いですが、ほとんど何事もなく終了するので、退屈でもあります。
“親父とお袋はこの生活をずっと休まずしているのか”と思うとめまいがします。
10年後の自分を早期体験して、残された時間がそれほど無いことに気づきます。
やりたいこと、やりたいだけ、やっとかないと。

親父の代わりは数日なら代わってあげられますが、
お袋(事務長)の仕事には、変わりがいません。
お袋が少しかわいそうに思えます。

小倉に帰って、少しだけ飲みたいです。

5人目の患者さんが来られたので、今日はこの辺で・・・

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、2009年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年8月です。

次のアーカイブは2009年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。