公益財団法人健和会

  • HOME
  • サイトマップ

健和会グループ沿革

1954(昭和29) 緑町診療所開設(財団法人福岡県勤労者医療団)
1956(昭和31) 西戸畑診療所開設(個人)
1958(昭和33) 木屋瀬診療所開設(財団法人福岡県勤労者医療団)
1964(昭和39) 西戸畑診療所を病院化、通町病院(28床)と改称
(同時に法人格を取得 医療法人社団健康文化会設立)
1965(昭和40) 新川診療所開設(医療法人社団健康文化会)
1966(昭和41) 町上津役診療所開設(財団法人福岡県勤労者医療団)
1968(昭和43) 天六診療所開設(医療法人社団健康文化会)
1969(昭和44) 緑町診療所・町上津役診療所・木屋瀬診療所の3診療所により
財団法人健和会設立
1970(昭和45) 天六診療所移転し、中原診療所と改称 「北九州市民公害研究所」開設
1972(昭和47) 財団法人健和会と医療法人社団健康文化会、対等合併
財団法人健和会設立(医療法人社団健康文化会を健和会へ寄付)
新中原病院開設(以下財団法人健和会による)
1974(昭和49) 通町病院廃止 健和会長行病院
(現・おさゆきリハビリテーション病院)
開設
1975(昭和50) 健和高等看護学院開設(全日3年制・一学年定員20名)
新中原病院 総合病院化、健和総合病院に改称
1983(昭和58) 健和会京町病院開設(京都郡苅田町京町)(救急告示病院)
1984(昭和59) 健和高等看護学院新築移転
学年定員増(50名)
健和会大手町病院開院
1989(平成 1) 健和会大手町病院付属歯科診療所開設
北九州医療・福祉総合研究所開設
1994(平成 6) 健和高等看護学院は、健和看護学院に改称
健和会老人訪問看護ステーション「コスモス」を開設
1995(平成 7) 阪神大震災救援活動
1996(平成 8) 健和会長行病院 健和会おさゆきリハビリテーション病院に改称
健和総合病院 健和会中原病院に改称
1997(平成 9) 健和会老人訪問看護ステーション「のぞみ」開設
1998(平成10) 4月より厚労省指定 臨床研修病院
1999(平成11) 老人訪問看護ステーション「あじさい」「わかまつ」「こうじゃく」「かんだ」の4ヶ所を開設
ヘルパーステーションけんわを開設
2000(平成12) 健和会大手町病院 福岡県災害拠点病院指定
2001(平成13) 健和会大手町病院 開放型病院認可
大手町診療所開設
2003(平成15) 戸畑けんわ病院開設(旧健和会中原病院新築・移転)
財団法人健和会50周年 記念式典
健和会大手町病院救急告示病院取得
2004(平成16) 健和会大手町病院 日本医療機能評価機構認定取得
2006(平成18) ISO9001認証取得
健和会緑町診療所・町上津役診療所・大手町診療所が在宅療養支援診療所を取得
2007(平成19) 北九州保健生活協同組合と経営統合(大里おおかわ診療所を開設)
健和会中原歯科診療所を廃止
大里おおかわデイサービスを開設
2008(平成20) 健和会大手町病院がDPC病院に認定
老人訪問看護ステーション「こうじゃく」廃止
健和会緑町診療所・老人訪問看護ステーション「コスモス」・戸畑けんわケアプランセンター移転
健和会とくりきケアプランセンター廃止
2009(平成21) 大手町病院指定居宅介護支援事業所の名称を「大手町ケアプランセンター」に変更
大手町病院地域支援病院取得
健和鍼灸所廃止
ISO9001認証更新
2010(平成22) 京町居宅介護支援事業所を小倉南区へ移転し「けんわ南ケアプランセンター」に変更
臨時評議員会で「健和会第X期経営計画」(2009〜2013年度)と「公益財団法人への移行」を決議
ISO14001認証取得
大手町病院隣接地にに新病院・複合施設・立体駐車場の建設着工
2011(平成23) 東日本大震災支援活動を積極的に展開
2012(平成24) 高齢者優良賃貸住宅(パークサイドヴィレッジ大手町:60戸)、院内保育所「ひよこの家保育園」、健和会職員宿舎、大手町在宅ケアセンター(大手町診療所・健和会老人訪問看護ステーション「のぞみ」・大手町ケアプランセンター)などが入居する複合施設を開設
立体駐車場(職員専用)の運用を開始
「公益財団法人」への移行申請書を提出
大手町リハビリテーション病院開設(小倉北区大手町:旧おさゆきリハビリテーション病院を新築移転)
大手町病院の回復期リハビリ病棟(2病棟・108床)を大手町リハビリテーション病院へ移動
許可病床を大手町病院524床、大手町リハビリテーション病院329床に変更
2013(平成25) 病院給食センター化システム及び病院群のサテライトキッチンが本格稼働
財団法人から公益財団法人へ移行(認定取得)
健和会第5次中長期計画策定に着手・プロジェクトを設置